1. Home
  2. キャリア
  3. 相手を元気にする言葉をかけられるかどうかで人生は変わってくる

相手を元気にする言葉をかけられるかどうかで人生は変わってくる

仕事の本棚

1,227

ある程度の年齢になってくると、ただ仕事だけができるだけでは、人として何だか味気ないものです。

関わることでポジティブになれる人は、周りに輪が広がり、結果的にその人のポジションもアップしていくことは必須でしょう。

book_influence

多くの人の話を聞き、見つけた共通点

『まわりにいい影響をあたえる人がうまくいく』 の著者であるボブ・トビンは、日本で25年にわたり、コンサルタントや教育者として多くの人の話を聞いてきました。

会社役員、管理職、起業家、専門家たちとの会話には、一つの共通点が見受けられました。それは、お金は稼ぎたいけれど、それ以上のものを求めているということです。人の人生の役に立ちたい、所属する組織やこの世に存在した証しといえる足跡を残したいといった内容。

自分の仕事や生き方で他人の人生に影響を与え、変化をもたらすことができるようになりたいと願うあり方は、優れた人材に共通している思想であるといえます。

「ポジティブインパクト」を与える人になるには

本著には、今取り組んでいる仕事や生活の中で、誰もがポジティブな影響——ポジティブインパクトを与える人になるための実践方法が書かれています。

1. ポジティブな影響を与えることを優先する。
2. 周りの人に目を向ける。
3. いますぐに行動する。

意外と簡単だなという印象を受けますが、自分でよく意識していないとできにくい行動でもあります。

簡単だけど、意外と実行していないかも?

ボジティブに生きるための行動の一つとして、「シンプルな一言でいいので相手を元気にする言葉をかける」というものが挙げられています。

たとえば、特別な仕事のメンバーに任命された同僚には、「メンバーに選ばれたと聞いて嬉しいです。あなたなら間違いなくグループに貢献できるはずです」という言葉をかける。キャリアアップした友人にはお祝いの言葉をかけて一緒に喜ぶ。こんな簡単な言葉であっても、意外と言わない人の方が多いのかもしれません。

相手の成功に対して、ふさわしい言葉を良いタイミングでかけられる人になる。自分という人格も、ひとまわり成長できそうです。

まわりにいい影響をあたえる人がうまくいく

著者:ボブ・トビン
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
定価:1,500円(税別)

▼ Sponsored

盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

臆さず話しかけてみて。英語コンプレックスは捨ててよし

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    相手を元気にする言葉をかけられるかどうかで人生は変わってくる

    FBからも最新情報をお届けします。