1. Home
  2. キャリア
  3. 日本酒が驚きの場所で飲まれていた/株式会社六自 代表取締役社長 中野佳子さん[中編]

日本酒が驚きの場所で飲まれていた/株式会社六自 代表取締役社長 中野佳子さん[中編]

インタビュー/働くあなたに伝えたいこと

1,116

清酒メーカー・辰馬本家酒造の営業職としてキャリアをスタートさせた中野佳子さん。女性目線を生かした売り場づくりや、顧客の立場に立ったパッケージ提案など、新しい施策を重ねては日本酒の魅力を伝えるため奮闘します。

前編はこちら⇛

career_nakano_2

学生時代には、洋服関係の仕事をしたいと考えていたこともあった。ファッションの世界ではマーケティングが当たり前。だからこそ、売り場の工夫にも余念がなかったのかもしれない。中野さんは入社当時から、1年に一度は「マーケティング部を作ってほしい」と会社に意見書を出していたが、なかなか実現されなかったという。

「社長が変わったときに、マーケティング部が必要だと認識してもらうことができました。マーケティング部に配属されたのは、入社20年も経ったころです。新しく入社したマーケティングの専門家が上司となり、視野が広がったのを感じました」

現場の声を反映した施策を次々と提案した。例えば、スーパーのPB(プライベートブランド)商品を企画する際、「生産者の顔がわかったら安心しませんか?」と、杜氏の顔をラベルにした日本酒を提案。今でこそ農家の顔が見える野菜などは一般的だが、その頃は画期的だった。

これまで日本酒がないシーンに、日本酒を

普段の生活でも、消費者の側に立ってひたすら店を見て回ってアイデアを出す。細かな数字を分析するより、仮説と検証を繰り返していく実践派だ。

「日本酒をもっと広めるために、これまでになかったシーンで飲んでもらおうと考えました。その時に知ったのが、グランピング。イビザがグランピングの聖地と言われており、そこで弊社の『白鹿』が飲まれていると耳にしたのです」。

早速イビザを訪れてみると、氷を入れるだけで邪道と言われる日本酒が、カクテルとして飲まれていた。また、同じころミラノを訪れたときにも、白鹿を使った日本酒のカクテルが出された。「聞けば、白鹿はうまみが強くてクリーミーだから、カクテルにしても日本酒らしさが味わえるというのです」

career_nakano_1

カクテルなら、これまで日本酒が進出できなかったシーンでも、人気が出るかもしれない。中野さんは、海岸のビーチハウスで白鹿を使ったカクテル「白鹿スパーク」のキャンペーンを実施した。ほかにも、クラブや、スケボーの世界大会などでもブースを出した。

後編に続く⇛]*後編は11月6日(火)に公開予定です!

一問一答、中野さんのお気に入り

Q:デスクの上には何を置いていますか?

元気をもらえる黄色い文房具。手がけた日本酒「muni」のボトルも並べています。

career_nakano_5

Q:1か月休みがあったら何をしたいですか?

フランスへ行きたい。街を歩いているだけで楽しそう。

中野佳子(なかの・よしこ)さん
株式会社六自代表取締役社長。1992年辰馬本家酒造(株)に入社。清酒白鹿の営業職として組織小売業を担当。2012年よりブランドマネジメント販売戦略室マネージャーとしてブランド戦略、マーケティング戦略を担当。直販事業部部長をへて、2017年、コミュニケーションデザイン部を立ち上げ、「ソトノミプロジェクト」をスタート。2018年5月辰馬本家酒造(株)の新会社としてSAKEのコミュニケーション&エンタテインメントの創造を目的に株式会社六自を設立し、代表取締役社長に就任。好きな言葉は、失敗は成功のもと。

中野佳子さんがMASHING UPに登壇。今までのキャリアを語ります

ビジネスカンファレンスMASHING UP(DAY1)、11/29(木)の17:05〜のセッション「起業の道は『幸せな』七転び八起き」に、中野佳子さんが3名の女性起業家たちと登壇。何度転んでも立ち上がってきたキャリアを語ります。

DAY1_1-5-2

異なる業種・国籍・性別・分野のひとびとが出会い、いくつもの化学反応を生み出すビジネスカンファレンスMASHING UP。800人を動員し、大好評のうちに幕を閉じた第1弾につづき、11月29日・30日に第2弾を開催します。魅力的なスピーカー陣による熱いセッションが目白押しです。

カフェグローブ特別割引【2日間チケット通常18000円→14000円】あり。チケット購入ページで以下のプロモーションコードをご入力ください。

プロモーションコード:MUcafeglobe1811

MASHING UP公式サイトhttps://mashing-up.mediagene.co.jp/

mu_bnr小-2

撮影/柳原久子


▼ Sponsored

英語コンプレックスは、一度横に置いといて。

ヘルシー美人、だけじゃダメ? これからの時代は「アスレジャービューティー」

栃尾江美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 人生は山あり谷あり。思い通りにいかなくても賢明なことを行えば、明日はきっとうまくいく

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 充実したプライベートを過ごすための5つのTO DO /まとめ

    8. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    7. Google流コミュニケーションで、「会社にいるだけで疲れる」をなくそう!

    8. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    9. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    10. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    日本酒が驚きの場所で飲まれていた/株式会社六自 代表取締役社長 中野佳子さん[中編]

    FBからも最新情報をお届けします。