1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. haruの恋占い
  5. 【haruの恋占い】12月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

【haruの恋占い】12月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

22,523

201809_haru_1

平成ラストのクリスマス、年末がやってきます! 大きなクライマックス感とドラマティックな空気感とはうらはらに、恋の領域では全体的にどことなく「クラウディ」な雰囲気が漂っています。その理由に、大きな節目というこの社会が作ったカレンダーにとらわれすぎている人が多いから。

転機にのって「自分と誰かとの関係に決着をつけたい」と鼻息を荒くしてしまい、結果の落差に落ち込んでしまう……そんな人が続出する様子が見えてきたのです。

確かに大きな節目ではありますが、それはあくまで暦のうえでの話。誰かと自分の関係性は、暦に関係なく「ベストな状態を変わりなく続けていくこと」が第一ミッションなはず。それを歴史が変わるタイミングでどうにか無理やり変えようとするのは、かなり無理があります。

今月はどうかこの「社会のカレンダー」にまどわされないでほしいと思っています。新しい時代をハッピーに迎えるために、これ、本当に大事なことです。節目はどんな時代もゴリッとした違和感があるもの。でも、その境目を乗り越えたら、相変わらず普通の日々なのです。

この普通の日々、つまり新しい時代をハッピーに過ごすために、ゴリッとした境目にこだわらないこと! しなやかに身をゆだねるように新しい年を迎えることができたら、時間がかかろうとも望むものを引き寄せる日がやってきますから。

1月生まれのあなた2月生まれのあなた3月生まれのあなた4月生まれのあなた5月生まれのあなた6月生まれのあなた7月生まれのあなた8月生まれのあなた9月生まれのあなた10月生まれのあなた11月生まれのあなた12月生まれのあなた

【haruの恋占い】年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

恋愛も時間の流れも、年末にかけて加速する予感【吉野まゆのインド占星術】

[高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!] 2018年11月15日〜12月14日の運勢は? 年末に向けて物事が加速していく時期ですよ。

https://www.cafeglobe.com/2018/11/india_november.html

時間に余裕を持って行動することがカギ。11月の全体運【逢坂杏の12星座占い】

[11月は日常レベルでの国際交流が加速する予感!]占い師の逢坂杏さんが西洋占星術から導く12星座の月間占い。全体運、ビジネス運、ラブ運をお届けします...

https://www.cafeglobe.com/2018/11/ousaka_2018_november.html

Image via Shutterstock

haru

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    【haruの恋占い】12月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

    FBからも最新情報をお届けします。