1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. 吉野まゆのインド占星術
  5. 恋愛も時間の流れも、年末にかけて加速する予感【吉野まゆのインド占星術】

恋愛も時間の流れも、年末にかけて加速する予感【吉野まゆのインド占星術】

29,756

20171216_india_top(1)

11月15日~12月14日の全体運

11月16日はブリシュチカサンクランティ、太陽が粘り強さや誠実さ、深遠さをあらわすさそり座へ入ります。さそり座トランジット中の木星と合となり、より本格的・本質的な方向へ深化していくような時期です。

てんびん座を運行中の金星は16日から順行になり、恋愛やお付き合いに関しては年末に向けていっそう深まっていくような予感が。ただ、金星と入れ替わるように水星の逆行が11月17日から始まり、12月7日まで続きます。

なかなかスムーズに流れていく感じがしませんが、年末にかけては時間の流れが加速していきそうです。今のうちにやれることはやっておくといいでしょう。

12月16日には太陽はいて座ダヌへ、新たなことに果敢にチャレンジしてく気運が高まってくるでしょう。

やぎ座(マカラ)1月14日~2月14日生まれの人
みずがめ座(クンバ)2月15日〜3月14日生まれの人
うお座(ミーナ)3月15日~4月14日生まれの人
おひつじ座(メーシャ)4月15日~5月14日生まれの人
おうし座(ブリシャ)5月15日~6月14日生まれの人
ふたご座(ミトゥナ)6月15日~7月14日生まれの人
かに座(カルカ)7月15日~8月14日生まれの人
しし座(シンハ)8月15日~9月14日生まれの人
おとめ座(カンニャー)9月15日~10月14日生まれの人
てんびん座(トゥラー)10月15日~11月14日生まれの人
さそり座(ブリシュチカ)11月15日~12月14日生まれの人
いて座(ダヌ)12月15日~1月13日生まれの人

【吉野まゆのインド占星術】年間占い
インド占星術とは?

カフェグローブのほかの占いも見る

【haruの恋占い】11月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年11月は、「共感」がキーワード。他人の思いを理解して、物事をスムーズにすすめましょう。

https://www.cafeglobe.com/2018/10/haru_2018_november.html

時間に余裕を持って行動することがカギ。11月の全体運【逢坂杏の12星座占い】

[11月は日常レベルでの国際交流が加速する予感!]占い師の逢坂杏さんが西洋占星術から導く12星座の月間占い。全体運、ビジネス運、ラブ運をお届けします...

https://www.cafeglobe.com/2018/11/ousaka_2018_november.html

Image via Shutterstock

吉野まゆ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    恋愛も時間の流れも、年末にかけて加速する予感【吉野まゆのインド占星術】

    FBからも最新情報をお届けします。