1. Home
  2. 占い
  3. 2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】ふたご座

2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】ふたご座

6,687

hutago_01-1

全体運

11月上旬は、健康面が低空飛行。免疫力が低下しやすい暗示ですので、マスクや除菌アイテムなどを忍ばせて風邪対策を。加湿器などの準備もお早目に。

支配星の水星は11月17日より逆行に転じます。これ以降、仕事もプライベートもやるべきことが山積みに。また急なリスケやアポイントも飛び込んできやすいときです。公私ともスケジュールがパンクする前に、優先順位をつけて今やるべきことを把握しておきましょう。

逆行期間を平穏に乗り切る秘訣は「タスク管理」のひと言に尽きます。重要な会議や契約に関する事柄などは11月上旬に前倒しておいたほうが、安全かもしれません。

なお11月8日は歳星・木星がさそり座からいて座へと移動し、1年ぶりに運気の流れが変わります。リレーションシップの室に木星が進むため、人とのご縁を通じて人生が拓けることでしょう。結婚運も上々。年間を通じて出会いに恵まれ、祝福がもたらされる暗示が出ています。マッチングアプリ、結婚紹介サービスなどに登録を

ビジネス運

11月28日は水星と木星が合。人生のお手本になりそうな人との出会いが。ただし水星は逆行中ですので、いきなり相手に傾倒せずよく見極める必要がありそう。カルチャースクールへの参加は◎。なおオフィスでは自分でも思ってみなかったところが、他人から評価される暗示あり。改めて自分のキャリアを鑑みるよい機会に。

ラブ運

11月23日はふたご座で満月が発生します。フリーの人、テンションは高いのですが、目移りしやすい傾向が。特定の男性に深入りするよりも、まずはマッチングアプリなどを利用してデートを楽しむところから始めてみて。カップルは新酒のおいしいお店に足を運ぶと◎。

ラッキーアイテム

レターセット

11月の全体運
2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

【haruの恋占い】11月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年11月は、「共感」がキーワード。他人の思いを理解して、物事をスムーズにすすめましょう。

https://www.cafeglobe.com/2018/10/haru_2018_november.html

自分の直感や感覚を大切に!【吉野まゆのインド占星術】

[高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!] 2018年10月15日〜11月14日の運勢は? 直感や感覚を信じる気持ちが高まる予感。

https://www.cafeglobe.com/2018/10/india_october.html

Image via Shutterstock

逢坂 杏

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】ふたご座

    FBからも最新情報をお届けします。