1. Home
  2. 占い
  3. 2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】いて座

2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】いて座

5,792

ite_01

全体運

11月8日にいて座に木星が進み、12年に1度のラッキーイヤーが到来します。やることなすこと大当たりで、スポットライトが当たりやすいでしょう。周囲からは場を牽引するようなカリスマ性とリーダーシップを求められそう。キャリアや人間関係は自分が狙ったポジションに到達することが可能です。高みを目指して戦略を練りましょう。

なお8日は同時に新月を迎えるため、野心の実現のためになにかを開始すると◎。これといった目標がない人も、貯金を始める、資産運用するなどお金に関する事柄は、後日朗報がもたらされそう。

ただし本格的な盛運に入るのは11月23日から。それまではモチベーションは高いのですが、タイミングが噛み合いません。特に11月上旬は浪費の暗示あり。ネットオークションなども、射幸心を煽られやすいため、入札は引き際を見極めましょう。

後半、11月20日は火星と木星が凶角。なぜか怒りっぽくなっています。まずは深呼吸をし、アンガーコントロールを心がけましょう。23日以降は、やりたいことと、周囲のバックアップ体制がようやく整っていきます。

ビジネス運

オフィスでは誰かと張り合ったり、我を通そうとせずに常に笑顔で微笑みかけましょう。特に前半は無欲に過ごすことで、自分に必要なものや周りの協力体制を引き寄せる暗示が出ています。なお注意力が散漫。カッターナイフやハサミなど刃物の扱いにはくれぐれもご注意を。

ラブ運

たまたま帰る方向がいっしょだった人、残業で居合わせた人などにシンパシーを感じ、急速に親しくなる暗示が出ています。ただ1か月を通じて本命以外の縁も錯綜。既婚者も猛アタックをかけられやすいので自重すること。

ラッキーアイテム

バスミルク

11月の全体運
2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

【haruの恋占い】11月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年11月は、「共感」がキーワード。他人の思いを理解して、物事をスムーズにすすめましょう。

https://www.cafeglobe.com/2018/10/haru_2018_november.html

自分の直感や感覚を大切に!【吉野まゆのインド占星術】

[高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!] 2018年10月15日〜11月14日の運勢は? 直感や感覚を信じる気持ちが高まる予感。

https://www.cafeglobe.com/2018/10/india_october.html

Image via Shutterstock

逢坂 杏

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    2. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    3. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    4. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】いて座

    FBからも最新情報をお届けします。