1. Home
  2. 占い
  3. 2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】かに座

2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】かに座

5,822

kani_01

全体運

寝食を忘れてなにか1つのことに熱中できるのなら、それなりに幸せな1か月に。趣味やゲームはもちろん、自ら創作の世界にはまっていく傾向が強いかもしれません。手芸や陶芸を始め、アーティスティックな才能が開花する暗示が出ています

ただし対人面ではあまり器用に立ち回れるときではないので、親友や気心知れた相手と過ごすとよいでしょう。

11月8日は歳星・木星がさそり座からいて座へと移動し、1年ぶりに運気の流れが変わります。ゼロから新しいことを立ち上げるよりも、今まで培ってきた力を発揮すれば、力まずとも道は拓ける暗示あり。腰を据えて今できること、やるべきことから手をつけていきましょう。

また年間を通じて、体質改善やダイエットは結果が出やすいときです。途中で挫折することなく目的を完遂できるでしょう。

11月後半は周囲の要求にすべて応え、完璧に目的を果たそうとします。冷静に自分をコントロールしようとするあまり、やや近寄りがたさを感じさせるきらいも。無意識にピリピリしやすいときですが、そんなときこそユーモアをお忘れなく

ビジネス運

11月15日はみずがめ座で上弦の月が発生します。仕事で無理なことを要求されると、逆に発奮してヤル気を起こす暗示が。

また専門的なスキルを身につけるのにはよいときですので、各種学校の門戸を叩くのもおすすめです。じっくり学ぶことができ、やがて努力が実を結ぶ暗示が出ています。

ラブ運

打ち込めるものがある人ほど有利に。何かに夢中で取り組むあなたを見守る異性の存在が暗示されています。今月は自分の世界を確立した女性ほど出会いは増えそう。同性の仲間とつるむより、単独で何かのコミュニティに参加してみて。異業種交流会も◎。

ラッキーアイテム

ゴールドのリング

11月の全体運
2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

【haruの恋占い】11月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年11月は、「共感」がキーワード。他人の思いを理解して、物事をスムーズにすすめましょう。

https://www.cafeglobe.com/2018/10/haru_2018_november.html

自分の直感や感覚を大切に!【吉野まゆのインド占星術】

[高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!] 2018年10月15日〜11月14日の運勢は? 直感や感覚を信じる気持ちが高まる予感。

https://www.cafeglobe.com/2018/10/india_october.html

Image via Shutterstock

逢坂 杏

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】かに座

    FBからも最新情報をお届けします。