1. Home
  2. 占い
  3. 2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】おひつじ座

2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】おひつじ座

4,553

hituji_01-1-1

全体運

ふだんならさじを投げだすような案件でも、今なら乗り越えることが可能に。今月のあなたには古いものを壊し、新しいものを作り上げていく能力が強まっています。必要であれば常識やしきたりを飛び越えることもあるでしょう。

そのため周囲からの風当りは強め。一時的には周りから孤立しても、11月8日の新月以降、リセットがかけられる暗示が出ています。この日は同時に歳星・木星がさそり座からいて座へと移動し、1年ぶりに運気の流れがダイナミックに切り替わるとき。自由闊達なパワーが再び取り戻せる暗示です。ここからは大胆な挑戦にツキがあります

年間を通じて資格取得に挑戦したり、留学や大学への編入など、これまで不調が続いていた人も、心機一転のチャンスが与えられるでしょう。煮詰まったときは休暇を取って国外脱出するのも◎。

ただし運気に本格的に弾みがつくのは11月23日よりと出ていますので、それまでは自分に必要のないものを手放す作業に力を入れるとよいでしょう。人脈の整理などもあえて今のうちにおこなっておいて。

仕事運

周囲からの嫉妬に注意。手柄や報奨は露骨にアピールしないほうがいいでしょう。見えないところで足を引っ張られる暗示が出ています。

11月26日は支配星の火星が逆行明けの水星と凶角。自分が思っている以上に舌鋒が鋭くなっています。シビアな物言いで部下や後輩のモチベーションに水を差さない配慮が必要。

ラブ運

11月9日は火星が金星と調和。同時に天王星から与えられるプレッシャーを緩和しています。一触即発の局面に立たされやすいときですが、今のあなたなら聡明さが武器となります。

不用意な言葉で男性のプライドを傷つけることがないよう気を配りましょう。なお三角関係などあやういシチュエーションに注意。

ラッキーアイテム

赤ワイン

11月の全体運
2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

【haruの恋占い】11月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年11月は、「共感」がキーワード。他人の思いを理解して、物事をスムーズにすすめましょう。

https://www.cafeglobe.com/2018/10/haru_2018_november.html

自分の直感や感覚を大切に!【吉野まゆのインド占星術】

[高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!] 2018年10月15日〜11月14日の運勢は? 直感や感覚を信じる気持ちが高まる予感。

https://www.cafeglobe.com/2018/10/india_october.html

Image via Shutterstock

逢坂 杏

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】おひつじ座

    FBからも最新情報をお届けします。