1. Home
  2. 占い
  3. 2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】おとめ座

2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】おとめ座

4,848

otome_01

全体運

前半は頭の回転が早く、思いついたことをすぐさま実行できるでしょう。一種、限界を突破することに生きがいを感じるため、全身全霊で何かに取り組めば、目に見える結果があらわれやすいとき。

ただし支配星の水星は11月17日に逆行を始めます。中旬以降も重要な交渉にあたったり、リーダー役に推挙されるチャンスは多いのですが、軽率な発言を慎むこと。この時期のあなたには、自分が考えている以上の影響力が備わっています。

SNSなどのグループチャットでは、ちょっとした発言が波紋を呼び、周りの動揺を誘う恐れも。また何か問題が起こったときには、1つのグループの話だけを鵜呑みにしないように。

11月8日は歳星・木星がさそり座からいて座へと移動し、1年ぶりに運気の流れが変わります。旧来の知人と再会したり、地元のイベントなどをきっかけに懐かしい人との交友が復活するかもしれません。

後半、11月26日は水星と火星が凶角。身内や親しい相手にはついわがままが出やすいかもしれません。今いる環境や友人を大切にしていきましょう。自分にとって誰が大切だったのを思い知るような出来事があるかも。

ビジネス運

11月28日は水星が木星と合。オフィスの人間関係をおろそかにしていた人は、挽回するチャンスです。星は寛容であれ、と告げています。同僚や後輩に気遣いやねぎらいの言葉を。たまには気前よくご馳走してあげるのもよいでしょう。なお社内に朗報がもたらされる暗示あり。

ラブ運

11月23日は結婚の室で満月が起こります。ただし火星や海王星を巻き込みTスクエアという配置が出来ているため、期待が裏切られやすい暗示です。相手によって態度を変えるような男性に幻滅させられることも。

交際中の人は、相手の真意がどこにあるのかをシビアに見極めて。フリーの人は軽率な行動は慎みましょう。出会い系アプリの濫用に注意

ラッキーアイテム

メンソール煙草

11月の全体運
2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

【haruの恋占い】11月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年11月は、「共感」がキーワード。他人の思いを理解して、物事をスムーズにすすめましょう。

https://www.cafeglobe.com/2018/10/haru_2018_november.html

自分の直感や感覚を大切に!【吉野まゆのインド占星術】

[高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!] 2018年10月15日〜11月14日の運勢は? 直感や感覚を信じる気持ちが高まる予感。

https://www.cafeglobe.com/2018/10/india_october.html

Image via Shutterstock

逢坂 杏

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】おとめ座

    FBからも最新情報をお届けします。