1. Home
  2. 占い
  3. 2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】さそり座

2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】さそり座

5,474

sasori_01

全体運

誕生月を迎え、運勢はパワフルに盛り上がります。今いる場所に行き詰まりを感じたなら、まったく違うフィールドへ飛び込むことでチャンスを手にできるでしょう。これまで培ったノウハウは意味を成さなくても、新天地で才能が開花する気配が。

加えて今月は11月8日にさそり座に在泊していた木星が移動を開始、1年ぶりに大きな転換期を迎える暗示が出ています。現時点で結果が出ても出ていなくても、後ろを振り返らず、前に進みましょう。

今月のあなたには、重く沈んだ空気を一瞬にして明るくするムードメーカーとしての才があるようです。自分を明るく笑い飛ばすたくましさが、恋も仕事も新たな出会いへと導いてくれるはず。

11月12日は太陽が冥王星と吉角をとります。人間関係で引きの強いとき。大物からのアプローチを受けたり、予想がつかない展開が続くでしょう。

11月後半からは、堅苦しい付き合いよりも、楽しい人間関係に目が向きそう。みんなでおいしいものを食べに出かけるなど、食卓を囲むことで心が癒される暗示です。

ビジネス運

仕事でうまく行かないことがあってもあきらめないで。現場で培ったスキルや経験則は必ず後で役立つ暗示が出ています。なお11月17日より水星が逆行。契約事などは再三の見直しが必要かも。書類の不備や問題を指摘される暗示が出ています。

ラブ運

11月8日の新月はさそり座で起こります。関わる相手がこれまでと一新しますが、いい意味でこれまでの恋愛観が覆すことに。婚活も過去を振り返らず、お見合いや結婚相談所へ登録することで道は開けるでしょう。フリーの人は、アクの強いタイプの男性ともうまくやっていけそうです。

ラッキーアイテム

サイドゴアブーツ

11月の全体運
2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

【haruの恋占い】11月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年11月は、「共感」がキーワード。他人の思いを理解して、物事をスムーズにすすめましょう。

https://www.cafeglobe.com/2018/10/haru_2018_november.html

自分の直感や感覚を大切に!【吉野まゆのインド占星術】

[高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!] 2018年10月15日〜11月14日の運勢は? 直感や感覚を信じる気持ちが高まる予感。

https://www.cafeglobe.com/2018/10/india_october.html

Image via Shutterstock

逢坂 杏

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】さそり座

    FBからも最新情報をお届けします。