1. Home
  2. 占い
  3. 2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】てんびん座

2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】てんびん座

6,220

tenbin_01

全体運

前半は古い問題が浮上して、足をとられやすい時です。解決を先送りにしていたものほど、ここで対処しておきましょう。誰かになんらかの借りを作ってしまった、と気に病む人も多いときです。

完全に解決するのはむずかしくても、自分なりに貸し借りなしの状態とは何なのか、貢献できることはないか、を模索すべきときです。なお実家の片付けにはよい時期です。

支配星の金星が逆行している間は、感情の起伏が激しくなりそう。気が滅入っている時にお酒に手を伸ばすのは×。悪酔いする暗示が出ています。支配星の金星が順行に転じる11月16日からは、心身ともにいつものペースが取り戻せる暗示がでています。

なお11月8日は歳星・木星がさそり座からいて座へと移動し、1年ぶりに運気の流れが変わります。これまでのがんばりが正当に報われる暗示です。今の環境や仕事に1つでもやりがいや、感謝できるところを見つけると、運勢に弾みがつくでしょう。

身近な環境、上司や同僚との関係を見直してみて。なお11月後半からは、「どんな人とつながっているか」が運気を左右します。愚痴っぽい友人とは距離をおく方向で。

ビジネス運

周囲との意見の相違に悩むことがあるかもしれません。周りからスポイルされたと感じても、ブレることなく自分の立場を貫くべき。一貫性のある言動は、結果的に周りからの信頼を得ることに。11月16日を境に運勢は回復に向かいます。

なお喉がウィークポイント。通勤時のマスク、帰宅時のうがいなどで喉の炎症を予防しましょう。

ラブ運

八方美人な態度はNG。誰にでもいい顔をして話を合せるよりも、譲れないものを持つ女性に男性は惹かれる暗示です。一途さや芯の強さをアピールしてみましょう。

交際中の人は紅葉狩りなど、自然豊かな環境に繰り出しましょう。また旬の恵みをいただくグルメ旅もおすすめ。

ラッキーアイテム

オーガニックはちみつ

11月の全体運
2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

【haruの恋占い】11月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年11月は、「共感」がキーワード。他人の思いを理解して、物事をスムーズにすすめましょう。

https://www.cafeglobe.com/2018/10/haru_2018_november.html

自分の直感や感覚を大切に!【吉野まゆのインド占星術】

[高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!] 2018年10月15日〜11月14日の運勢は? 直感や感覚を信じる気持ちが高まる予感。

https://www.cafeglobe.com/2018/10/india_october.html

Image via Shutterstock

逢坂 杏

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】てんびん座

    FBからも最新情報をお届けします。