1. Home
  2. 占い
  3. 2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】うお座

2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】うお座

5,269

uo_01

全体運

向上心が湧き上がるとき。前半は仕事や学びに真面目に取り組むことができるでしょう。そしてこうしたものへ真摯に取り組んでいるなら、その先へと導いてくれる存在が現れるでしょう。

迷ったときは1人で悩まず信頼できる人に相談してみて。上司やOB、人生の先輩に胸のうちを打ち明けるのがおすすめです。きっとよい解決策が見つかる暗示です。自分の実力では到底果たせないようなことを成し遂げられるかもしれません。

なお、今月は11月8日にさそり座に在泊していた木星が移動を開始、運勢は1年ぶりに転換期を迎えます。社会的なステイタスの高い人、組織のトップなどと行動を共にする機会が増えるでしょう。

大人としての教養も求められますので、常に自己研鑽を怠らないで。持ち物やファッションは洗練された装いを心がけ、余裕があるなら和装に挑戦するのも◎。

後半からは、負けず嫌いな人たちに囲まれそう。黙っているとおいしいところを全て持っていかれるので油断は大敵です。後輩や年下の友人に対しては、甘やかしすぎないスタンスを貫きましょう。

ビジネス運

11月6日は支配星の海王星が太陽と調和。有言実行で事にあたることで成果を出しやすい暗示です。やや背伸びして高めの目標を掲げるとよいでしょう。なお上司や役職者には楽観的で物怖じしない姿勢が評価の呼び水に。

ラブ運

いっしょにいるとなぜか相手に安心感を与えるため、男性からはアドバイスを求められそう。同情心や面倒見のよさから関係がスタートしやすい暗示が出ています。フリーの人は年下の男性に注目してみましょう。カップルは家呑みが楽しいとき。

ラッキーアイテム

パスポート

11月の全体運
2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

【haruの恋占い】11月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年11月は、「共感」がキーワード。他人の思いを理解して、物事をスムーズにすすめましょう。

https://www.cafeglobe.com/2018/10/haru_2018_november.html

自分の直感や感覚を大切に!【吉野まゆのインド占星術】

[高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!] 2018年10月15日〜11月14日の運勢は? 直感や感覚を信じる気持ちが高まる予感。

https://www.cafeglobe.com/2018/10/india_october.html

Image via Shutterstock

逢坂 杏

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    2018年11月の運勢【逢坂杏の12星座占い】うお座

    FBからも最新情報をお届けします。