1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 冬の白Tシャツはこれ一択。なんと「保湿」してくれます

冬の白Tシャツはこれ一択。なんと「保湿」してくれます

オンワード樫山から、ちょっと変わったブランドが誕生します。「tton(トトン)」と名付けられたこのブランドから登場する第一弾製品は、「“着る”タイプの化粧品」

20181017_tton_1

服ブランドなのに化粧品?

ttonのコンセプトは、「ととのえる」ちからをサポートすること。心地いい毎日を過ごすためには、肌や心、生活など、自分と自分を取り巻く状況を見つめ直し、心と身体のバランスをとって、本来あるべき状況に導き、ファッションを楽しむベースをととのえることが大切。

そのために、ファッションとビューティを融合させよう! と考えたことが、着る化粧品開発の発端となっています。

化粧品を着る、とは?

こうして思いついたのが、「ラフィナン®」を開発した帝人フロンティアとのコラボレート。ラフィナン®とは、素肌に密着させることで保湿成分を届けるスキンケア素材です。

20181017_tton_2

人間の健康な肌表面は弱酸性に保たれていますが、汗や乾燥などにより肌表面が中性に偏ると外部刺激に弱くなり、肌荒れしやすくなるといわれています。そこでラフィナン®には、弱酸性成分が配合されているのです。

ttonはラフィナン®を踏まえ、綿をたっぷり使った綿リッチ素材に弱酸性の美容成分を配合。同素材を用いて、みずみずしい肌へ導く、着る化粧品をつくりました。

20181017_tton_3

簡単ボディケア・アイテムとして重宝したい

第一弾製品のラインナップは、半袖Tシャツタイプ9分袖Tシャツタイプブラタンクタイプの3種。白・黒・グレーのベーシックカラー、かつシンプルなデザイン。

20181017_tton_4

全3型、各3色で展開。左から、半袖Tシャツタイプ4,500円、9分袖Tシャツタイプ4,900円、ブラタンクタイプ5,900円(すべて税別)。

コーディネートさせやすいので、自ずと着用回数が増え、それに伴って洗濯回数も増えそう。となると美容効果が落ちてしまうのでは……なんて心配は無用。洗濯を繰り返しても、保湿力は持続します(とはいえ永久的なものではありません)。

顔のケアは念入りでも、ボディのケアは怠りがち。そんなズボラな筆者にとって、身につけるだけでいい着る化粧品は、日々の必須アイテムになりそうです。

tton

URL:https://www.onward.co.jp

▼ Sponsored

がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

19歳? 25歳? 35歳? 40歳? いったい何回曲がればいいのか、お肌の曲がりかど……。同志たちがしたためた、ちょっぴり笑えてなんだか胸アツな「...

https://www.cafeglobe.com/2018/11/kose_the_wrinkless.html?test2018_01

盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

忙しい毎日、少しでも自由な時間を増やしたい——。 カフェグローブ読者にアンケートを実施したところ、 意外なところで時間がかかっていることがわかりまし...

https://www.cafeglobe.com/2018/11/nanox.html?test2018_01

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    冬の白Tシャツはこれ一択。なんと「保湿」してくれます

    FBからも最新情報をお届けします。