1. Home
  2. コミュニケーション
  3. 先輩から指摘されたときに、若手社員が思うこと。本音が意外だった

先輩から指摘されたときに、若手社員が思うこと。本音が意外だった

1,001

「渋谷で社外メンター? 若手から学び、大人から学ぶ! 異世代交流会」がテーマの第3回カフェグローブ座談会。

ビジネスマナーや先輩との付き合い方が話題にのぼった前半戦に続き、後半戦では若手がベテラン陣の素朴な疑問に答えます。

座談会にお集まりいただいたのは……

先輩チーム
渡辺まさみさん(ケアマネージャー・ヨガ療法士)
谷亜(やあ)ヒロコさん(フリーライター・作詞家)
照本加奈子さん(アイウェアメーカー勤務、トレーナー)

若手チーム
笹木菜々子さん(新聞社グループ会社勤務、編集記者)
柴田栞さん(人材系Web会社勤務、ライター)
田中奈美さん(オンラインパブリッシャー勤務、事業戦略部)

コワイと思われるのではと、指摘をためらう

先輩チームが若手に聞きたいこととして、まっさきに上がったのは「私たち、コワイと思われてない?」という不安です。

zadankai_7

部下を持つ人は、仕事に恐怖心を持たずにのびのびと動いてほしい

取引先やクライアントに若手が増えてくるフリーランスは、年齢バイアスを気にせずフランクにやりとりしたいという願いがあります。“うるさ型”にはなりたくないと、ちょっとした指摘にもためらってしまう大人たち

カフェグローブ編集部「これ、私も気になります。取材のときのマナーとか、目上の人に“なるほど”は失礼だとか、つまづく前に教えてあげたいタイプだから(笑)。皆さんは先輩をコワイと思ったことはありますか?」

仕事に対するフィードバックはありがたい!

zadankai_4_1

柴田さん「指摘されたことに対する緊張はありますが、恐怖ではないと思います」

笹木さん「私は、注意されるときはビシッと言われたほうがいいです。そのほうがちゃんと改善しようと思うから

意外にも「怒られる=コワイ先輩」とはならないと話す若手たち。自分の仕事に対するフィードバックは、多少グサリときてもありがたいといいます。

フィードバックがしやすい環境作りは?

若手たちが指摘を「ありがたい」と思ってくれているとはいえ、やはりなかなか言いづらいときもあります。なにか日頃からできることはあるのでしょうか? 先輩チームの渡辺さんは、後輩と話をすることを意識しているようです。

渡辺さん「大事なのは“話をする”ことだと思う。話すときは後輩も、うまくまとめようとしなくてもいいんじゃないかな。話をうまく引き出すことは、先輩のつとめでもあるわけですし」

笹木さん「私は上司に『もうちょっと話してほしい』と言われたことがあるのですが、どんなことを話せばいいのかわからなくて。仕事のことじゃなくても話しかけていいのでしょうか? くだらないこととか……」

谷亜ヒロコさん「くだらないこと、いいと思う。むしろ、くだらないことのほうが聞きたいよね?(笑)

世代間ギャップを埋める近道は、仕事とは関係ない雑談にありそうですね。お互いの楽しい一面を知ることで、仕事上の指摘や提案を受け入れやすくなる、そんな効果があるのかもしれません。

cg_3_1-1

左から、笹木さん、田中さん、柴田さん、渡辺さん、谷亜さん、照本さん

次回は、「仕事の断り方」についてのお悩み。断りたいとき、最近の若手社員ならどうするのでしょうか? 必見です。

カフェグローブ座談会第3弾 「渋谷で社外メンター? 若手から学び、大人から学ぶ! 異世代交流会」

「電話ではなくメールで済ます若手社員は失礼ですか?」に対する先輩の回答に納得
先輩が教えてくれた「飲み会以外で先輩と仲良くなる方法」が参考になる
「仕事がうまくいかない……」という悩みへの先輩のアドバイスが若者に刺さりまくり
先輩から指摘されたときに、若手社員が思うこと。本音が意外だった
若手社員に「仕事の断り方」を聞いてみたら回答が斜め上を行っていた
上司より先に帰りづらい問題。若手社員が先輩に提案するのは「ポジティブな帰り方」

撮影/中山実華

▼ Sponsored

臆さず話しかけてみて。英語コンプレックスは捨ててよし

盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    2. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. なにもAIの超知性化だけが、近未来の脅威じゃない/林信行さん[中編]

    6. シンギュラリティの足音は聞こえている/林信行さん[前編]

    7. 仕事だけでなく、生きる目的を明確にする/ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役人事総務本部長 島田由香さん

    8. 最上級にやわらかく美しい「チェック柄ストール」みつけた

    9. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    10. 63歳でビキニ姿のクリスティ・ブリンクリーは、ビリー・ジョエルのアップタウン・ガールだった #TBT

    1. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. ちょっとしたコツで「不安な気持ち」は繰り返さなくなる

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. ヤバイくらいにノイズキャンセリングする最高峰ヘッドフォン

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. 仕事の人間関係に疲れちゃったら? 孤独とうまく付き合おう

    9. 健康で働き続けるために知っておきたい3つのこと

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    8. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    9. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    10. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    先輩から指摘されたときに、若手社員が思うこと。本音が意外だった

    FBからも最新情報をお届けします。