1. Home
  2. ライフスタイル
  3. メイク前にぜひ、ひと塗り。目元の小ジワがぴんっ!とする目元専用コンシーラー

メイク前にぜひ、ひと塗り。目元の小ジワがぴんっ!とする目元専用コンシーラー

突然ですが、クイズです。

顔のなかでエイジングサインが出やすいパーツといえば?

そう、目元です。

サインの出やすさは、他の部位と比べ、なんと3〜5倍。それはなぜでしょうか?

エイジングサインが出やすい2つの理由

まずひとつはまばたきによる影響。ヒトはまばたきを1日1万回以上行います。そのため目元には筋肉が22個も集中し、うち14個は10秒ごとに動いており、運動量の多さから疲れが出やすいのです。

そしてもうひとつは、目元の皮膚が薄いため、目立ちやすいことによります。

対策を練るほどに目立つ(悲)、という声に導かれ……

目元のシワや色ムラを隠すには、ファンデーションやベージュのコンシーラーを塗り重ねることになるわけですが、かえって小ジワが目立ってしまったり、時間が経つほどシワが際立って疲れた印象になってしまったり。

このような女性の生の声を集め、開発されたのが「ベネフィーク」「リンクルリセッター」

20181211_benefique_1

日々、顧客と接するビューティーコンサルタントのアイディアをいかしたものづくりを推進するプロジェクトから生まれた「ベネフィーク リンクルリセッター」15g 3,500円(編集部調べ)※2019年1月21日(月)発売。フローラル系の香りに、心も癒される。

特徴は、滑らかにのびるクリーム。活発な目元の動きにひと塗りでぴったり密着すると同時に、ハリ感を与え、シワをフラットに補正してくれます。また、超拡散パウダーがさまざまな方向に光を放ち、シワを目立たせません。ノーカラーで、さらっとした仕上がりゆえ、日中のメイク直し時に塗り重ねてもOK

スキンケア製品ではないので、シワを改善させるものではありませんが、疲れて見えるエイジングサインにサッと塗って、パッとリセットできるのは、メイクアップ製品だからこそなせるワザ。

御守り的に、あるいは救世主として、ポーチにしのばせておきましょう。

ベネフィーク

電話:0120-81-4710(資生堂)

ベネフィーク

「キラキラ」だけじゃ進まない! 本音で話そう、ダイバーシティの理想と現実

決してキラキラした側面ばかりではないダイバーシティ推進。男女比率が大きく異なるオムロンとワコールでは、どんな取り組みが行われているのでしょうか? 本...

https://www.cafeglobe.com/2018/12/kirakira_diversity.html

思い出した、この気持ち。夢を叶える近道は?

自分の可能性を広げてくれるのが語学。社会人でも海外に留学をして学んでみたいものです。そんな気持ちを思い出させてくれたのが、カプラン・インターナショナ...

https://www.cafeglobe.com/2018/12/mu2_report_kaplan.html

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    2. 「最近急に太ってきた。さあどうする?」の正解は

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    6. 目標は持たない。失敗は失敗ではない/星野佳路さんの仕事術[前編]

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 食べ過ぎで太らないコツ、教えます。AVIのリラックスヨガ

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 「最近急に太ってきた。さあどうする?」の正解は

    7. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    5. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    8. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    9. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    メイク前にぜひ、ひと塗り。目元の小ジワがぴんっ!とする目元専用コンシーラー

    FBからも最新情報をお届けします。