1. Home
  2. コミュニケーション
  3. ネイティブをムッとさせてない? その英語、実は失礼かもしれません

ネイティブをムッとさせてない? その英語、実は失礼かもしれません

仕事の本棚

1,556

2020年東京オリンピック・パラリンピックに加え、2025年には大阪万博も。空前のビジネスチャンスを前に、いまさらながら英語をブラッシュアップしておく必要に迫られています。

とはいえ、ネイティブを相手にしたエグゼクティブの英語はどうかと問われたら、なんとも自信がないものです。

book_nakaseko

『ビジネスパーソンが知っておきたいエグゼクティブの英語』 の著者である清水晶彦は、デルタ航空の客室乗務員です。大学卒業後、外資系銀行や証券会社などを経てきた輝かしい経歴の持ち主。

そんな著者が、常日頃、残念に感じていることは、日本人エグゼクティブが使う英語の不躾さ。問題の本質は、発している日本人には、そんなつもりがないというところです。

ビジネスに限らず、日常的なコミュニケーションをとる上においても非常に残念であり、かつ由々しき問題であるといえるでしょう。

英語で何かをお願いしたら、ネイティブになぜか嫌な顔をされるというシチュエーション。それはつまり、英語のチョイスが何か食い違っているのかもしれません。

エコノミークラスな表現 明らかにフランクすぎるもの。
ビジネスクラスな表現 やや丁寧なもの。
ファーストクラスな表現 すごく丁寧で、品位があるもの。

本著には、「こんなとき、何と言いますか?」というお題に対して、3種類の英語例が書かれています。

たとえば、私たちは、とりあえず“please”をつければ安心と考えがち。しかし、ネイティブには、命令調であったり、強制的に聞こえるのだというから注意が必要です。

“please”がエコノミークラスだとしたら、“Could you…”はビジネスクラス。最後に“if you would”を一言添えると、ファーストクラスにランクアップします。

ちょっとした一言が、忙しい相手に気づかいを表した品のある言い方に変わるのだとしたら、知っておかない手はありません。

日本のビジネスパーソンが身につけておくべき、丁寧で品格漂う「エグゼクティブの英語」。今から学んでおきたいですね。

ビジネスパーソンが知っておきたいエグゼクティブの英語

著者:清水晶彦
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
定価:1,500円(税別)

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    ネイティブをムッとさせてない? その英語、実は失礼かもしれません

    FBからも最新情報をお届けします。