1. Home
  2. キャリア
  3. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

仕事の本棚

4,175

部下や後輩の指導というものは、どんなにたくさんの組織で経験を積んでも一筋縄ではいかないものです。春になれば、毎年次から次に、違う時代の違う教育を受けた人材が入社してきます。

良き管理職、リーダー、上司として、大切にした方がいい基本姿勢とは、一体どんなものなのでしょうか。

book_1226

『人を動かしたいなら、「やれ」と言ってはいけない』 の著者である小山昇氏は、株式会社武蔵野の代表取締役です。かつて、「それなりの人材」しか集まらなかった落ちこぼれ集団を、16年連続増収の優良企業に育て上げたという実績を持っています。

2001年からは、自社の経営の仕組みを紹介する、経営サポート事業を展開。現在は、700社以上の会員企業を指導し、そのうち400社以上が過去最高益を出しています。

上司として、鈍感なのはNG!

本著には「人間心理を無視して人を動かすことはできない」ということが冒頭に記されています。心理といっても心理学のことではなく、「実践心理」を指しています。

社員に動いてもらうためには、仕組みやルールはいうまでもなく重要です。しかし、その根底には、社長やリーダーが「人の心」をつかんでいて、仕組みそのものが人の心に沿った運用をしているからでなくてはなりません。

心理を掴んでいくことがカギであり、人の上に立つ者にとって鈍感は犯罪といっても過言ではない。人の心の動きを察知していく努力は、これからのリーダーは必須条件です。

指示は部下の特性に合わせて変えること

人が動く考え方として、自分のやり方を相手に押し付けてはいけないという項目があります。

人は得てして、命令されることが嫌い。命令とは、相手の意思や希望を無視して一方的に要求を押し付けることです。他人に何かを押し付けられると、反発の感情を抱くのが人間の心理であり、人を動かすことはとうていできません。

誰でも、自分にとっての正解を示してほしいもの。だからこそ、相手の特性にあわせて指示の出し方を変えていく必要があります。

まるで処方箋のように、部下個人にあわせた方法で指示を出していく力は、上司にとって身につけておくべき最重要スキル。細やかな人間観察は、必須努力であるといえそうです。

人を動かしたいなら、「やれ」と言ってはいけない

著者:小山昇
発行:SBクリエイティブ
定価:1,500円(税別)

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    FBからも最新情報をお届けします。

  • 儲かりたいならまずココから変えなさい! 赤字から最短で脱出する「正しい手順」

    儲かりたいならまずココから変えなさい! 赤字から最短で脱出する「正しい手順」
    小山昇朝日新聞出版
    by Amazon.co.jp