1. Home
  2. キャリア
  3. うつをロジカルに捉える? 対処法を『効果と難易度でマッピングしてみた』

うつをロジカルに捉える? 対処法を『効果と難易度でマッピングしてみた』

仕事の本棚

職場にもうつを患っている人、かつて患っていた人、意外とたくさんいます。それだけ、日本の仕事場はストレスフルであるといえるでしょう。

自分自身の健康管理のために、部下のメンタルケアのために。適切な対処法を知っておくことは、もはやビジネススキルの一つです。

book1219

ほっしー著『うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた』 には、さまざまな「うつにいい」と言われていることが、効果と難易度に分けてマッピングされています

「ほっしー@メンタルハッカー」として、ブログやツイッターを中心に活動している著者。「メンタルハッカー」とは、メンタルハックをする人のことで、ライフハックのメンタル版という意味があります。

自分のメンタルを分析して改善し、心をプログラムし直す。薬だけでは改善しきれないうつという病の全貌を知る上で、非常にロジカルな捉え方です。

うつになり、そして這い上がった経験を生かして

かくいう著者自身も、うつ病になった一人。薬を飲んで寝ているという対処法は、少しは良くなっても、それ以上の改善が見込めないということがあるようです。

闇の中を手探りでがむしゃらに進む感覚。そんな実体験に基づくうつの対処情報は、SNSの中にもなかなかない。だから自分で試して作ってみた、というものが前述のマッピングになります。

始めるなら「ほんの少しだけがんばればできること」から

うつまでいかないにしても、繁忙期には疲れすぎてメンタルがダウンしているなと感じることがあります。

効果が高くて簡単なものとして、「ハーブテイーを飲む」というものが挙げられています。うつ病になると、運動不足と生活リズム乱れによって、自律神経のバランスが崩れがち。著者の場合は、ハーブテイーを飲むことで、自律神経が安定して、朝、シャキッと起きられるようになったといいます。

他にも、愛犬と接する、YouTubeを見るなど、実に手軽にできるものが多くありますが、大切なのは、「今のあなたが、ほんの少しだけがんばればできること」から始めること

年末年始のメンタルケアに、活用していきたいですね。

うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた

著者:ほっしー
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
定価:1,500円(税別)

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    10. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    うつをロジカルに捉える? 対処法を『効果と難易度でマッピングしてみた』

    FBからも最新情報をお届けします。