1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 最新テックで足元ほかほか。まさかのジミー・チュウから!

最新テックで足元ほかほか。まさかのジミー・チュウから!

スマート化の波がハイファッションにも及ぶ時代となりました。

どこへ? 「ジミー チュウ」に、です。

20181117_jimmychoo_1

「JIMMY CHOO VOYAGER BOOTS」より、ロゴ入りシューレースを配したブーツ(ホワイト)235,000円(税別)。

スマホで操作、足ぽかぽか

無骨でマスキュリンな印象のコンバットブーツやアーミーブーツに、ファーポンポンを配したり、ロゴ入りシューレースを用いたりと、ジミー チュウらしいフェミニンな遊び心を加えた新作「JIMMY CHOO VOYAGER BOOTS」には、とある仕掛けが内蔵されています。

それは、スマートフォンのアプリでワイヤレス操作ができるヒートインソール

20181117_jimmychoo_2

スマートシューズ技術で世界を牽引する「ゾーテック」とコラボレートし、開発されたウェアラブルテクノロジーによって、25〜45度に温度設定をしてシューズを温められるだけでなく、運動履歴のトラッキングも可能。

「VOYAGERの開発当初にフォーカスしたのは、とにかく機能性だったわ。靴にどんな機能を持たせたいか、みんなで意見を出し合ったの。足を温めてくれるブーツは究極の贅沢のようだけれど、本質を捉えれば実用的ということよね」(クリエイティブディレクター サンドラ・チョイ)

気になる履き心地は?

バッテリー搭載ということは、履き心地が懸念されるところ。バッテリーはシューズの外側に搭載されていますし、コンバットブーツやアーミーブーツはもともとある程度の重みがあるデザインなので、重量を感じることもなく、従来のジミー チュウのシューズと遜色はありません

これなら、真冬の外出だけでなくウィンターリゾートへの旅行においても颯爽と履きこなせます。もちろん、足元の冷え知らずで。

20181117_jimmychoo_3

「JIMMY CHOO VOYAGER BOOTS」より、ファーポンポンをあしらったブーツ。左は防水性バケッタレザーとシャイニーカーフのコンビネーション(ブラック)、右は防水性ヌバック(ネイビー)。ともに246,000円(税別)。

「VOYAGERは新たな分野での第一歩。ウェアラブルテクノロジーはまだ多くの可能性を秘めているわ」とサンドラ。今後の展開にも期待が高まります。

ジミー チュウ

電話:03-5413-1200

ジミー チュウ

小顔に見える!タートルネックが似合うヘアスタイル/AVIの「工夫美容」#10

冬の定番「タートルネック」。暖かさを求めるのはいいけれど、二重あごや丸顔が強調されてしまうというデメリットも! 髪の長さ別に、おしゃれに見せるポイン...

https://www.cafeglobe.com/2018/12/avi_10.html

大人がつけると驚くほどすてきなディオールのイヤリング

ディオールの新作「ディオール トライバル」はCDのイニシャルや、BEE、スターのモチーフを配したパールイヤリング。見た目もプライスもかわいい冬のマス...

https://www.cafeglobe.com/2018/11/dior-8.html

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    最新テックで足元ほかほか。まさかのジミー・チュウから!

    FBからも最新情報をお届けします。