1. Home
  2. コミュニケーション
  3. 行動を起こしたひとりの女性。活躍の秘訣は「自分の得意な部分のコミュニケーションスキル」だった

行動を起こしたひとりの女性。活躍の秘訣は「自分の得意な部分のコミュニケーションスキル」だった

MASHING UP/マッシングアップ

mu2_3

撮影/酒 航太

2018年11月29日・30日に行われたビジネスカンファレンス、MASHING UP。

世界中のクリエイターと、企業や団体を繋ぐ「MASSIVart」で活躍する傍ら、カナダ・ケベック州にて女性活躍推進のコミッティを立ち上げたクレア・トゥジーニャさんが「コミュニケーション能力が可能性を広げる」というテーマでキーノートスピーチに登壇しました。

クリエイティブ業界で活躍しながら、ひとりの女性として意思を持ち行動を起こしたクレアさん。自身の取り組みや、コミュニケーションによる成功の秘訣ついて語りました。

ひとりの女性としてつくったのは、女性のための場所

claire_5

撮影/間部百合

企業とクリエイターを結びつけ、既存のサービスやプロダクトに対して新しい価値を生みだすサポートをしている「MASSIVart」。活動は世界各国で行っており、特に北米、ヨーロッパ、アジアが多いそうです。

また、MASSIVartとは別に彼女が立ち上げたのは女性活躍推進のコミッティ「Junior Chamber of Commerce for Women」。才能に溢れていても、マーケティング力が欠けてるために表舞台で活躍することが少ない女性たちをたくさん見てきたクレアさんは「女性のための成長の場所を作りたかった」といいます。

claire_3

撮影/間部百合

Junior Chamber of Commerce for Womenでは「素晴らしい女性はどこにいるのだろう?」という疑問が世間に存在していたことに注目し、マーケティング的な観点でリスト(カタログ)を作成。商工会議所に所属する女性たちが持つスキルをまとめ、企業と女性をつなぐ架け橋を作りました。

「自分の得意な部分」のコミュニケーションスキルが成功の秘訣?

claire_7

撮影/酒 航太

もともとは金融業界でキャリアを積んでいたクレアさん。アートやコミッティの運営とは違う領域で働いていたといいます。

どちらの業界でも成功したのはコミュニケーションスキルがあったからではないかと問われると「私は会議や壇上でたくさんの人を前にしたコミュニケーションスキルは高くない」と意外な答え。

しかし、コミュニケーションスキルのなかでも「自分の得意な部分」は活用しているといいます。それは「1対1や小さなグループで意思疎通をし、信頼関係を構築する」というスキル。「コミュニケーションには様々なスタイルがあり、一人ひとりが強みを持っている」と話します。

自身の強みとなるコミュニケーションスタイルをきちんと理解し活用したことが、分野をまたいで活躍する秘訣ということでしょう。

女性が活躍するために。2つのステップと持つべきマインド

claire_4

撮影/間部百合

さらにクレアさんはアドバイスとして、女性が活躍するために求められている2つのステップについて言及しました。

1つ目は、女性が自己確信を手に入れること。競争力を持っていることを忘れてしまう女性もいます。2つ目は、素晴らしい才能があることを他者に見せていくことだといいます。

自信を持ち、自分ができる仕事やスキル、才能を見せていくこと。どのような業界や職種でも大切なステップだといえそうです。

最後に「女性活躍推進に関して"フェミニストだ"と、ネガティブな言われ方をすることがある」という相談が会場から出ると、「ジョークにしてしまうのはどうでしょう」とアドバイスしたクレアさん。

シリアスなことであっても、シリアスにしすぎない。

ユーモアを活用するなどして、「マイナスの反応でもいいから、相手の関心を引き出すことが大切」という考えを打ち明け、最終的に信頼関係をクライアントやパートナーと築くことが大事であるとまとめました。会場からの共感の拍手で、スピーチは幕を閉じました。

クレア・トゥジーニャ(CLAIRE TOUSIGNANT)さん
金融業界を経て2014年に世界中のアーティストと企業やNPO、行政を繋ぐMASSIVartに転職、多くのコラボレーション作品を生み出し利益を3倍にすることに貢献。さらにMASSIVartのアジア責任者として、中国・上海で60以上のパートナーを巻き込んでグローバルのクリエイティブプロジェクトをローンチすることに成功。 また、MASSIVartとは別に女性活躍の活動としてChamber of Commerce for Womenをケベックで立ち上げました。

mu2_1

撮影/酒 航太

MASHING UP

コミュニケーション能力が可能性を広げる
2018年11月30日@TRUNK(HOTEL)

撮影/酒 航太、間部百合

私たちは、こんなにパワフル。「見える化」から始める女性の活躍推進

クリエイティブ業界で活躍しながらも、女性活躍をサポートする団体を立ち上げたClaire Tousignantさん。彼女の目指しているものは何か? 来...

https://www.cafeglobe.com/2018/11/claire.html

せきぐちゆう

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    10. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    行動を起こしたひとりの女性。活躍の秘訣は「自分の得意な部分のコミュニケーションスキル」だった

    FBからも最新情報をお届けします。