1. Home
  2. 大森りえ
  3. 特集
  4. MASHING UP/マッシングアップ
  5. 働き方
  6. 思い出した、この気持ち。夢を叶える近道は?

思い出した、この気持ち。夢を叶える近道は?

MASHING UP/マッシングアップ

kaplan_01

身につけたいスキルを問われたとき、多くの人が「語学」を思い浮かべるのではないでしょうか。ビジネスにとどまらず、自分の可能性を広げてくれるのが語学。社会人でも、できれば海外に留学をして学んでみたいものです。

世界最大規模の英語語学学校「カプラン」

ダイバーシティ推進を目指すカンファレンス、MASHING UP(2018年11月29日・30日開催)の会場1階ロビーにラウンジを設けていたのは、「カプラン・インターナショナル」。80年もの歴史を誇り、世界中に38の校舎を持つ世界最大規模の英語語学学校です。

sake_クレア_640

カプランのラウンジで、登壇者のクレア・トゥジーニャさん(MASSIVartファウンダー)を囲む来場者。

アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランドの都市に校舎を構えており、ニューヨークやロンドンなどの大都市のほか、オークランドやバンクーバーといった美しい自然と文化に恵まれた都市にある学校で、カプランの学生たちは豊富な学習プログラムから自分にあったコースを選んで英語を学ぶことができます。

セッションで思い出した「英語を話したい」という気持ち

飲み物やプチスイーツも用意され、来場者たちがくつろげる場となっていたカプランのラウンジ。

海外の学校の動画を興味深そうに見つめる人、パンフレットを手にとる人、そしてセッション降壇後のシェリル・スコットさん(カプラン・インターナショナル)やジャック・シムさん(世界トイレ機関ファウンダー)、ジーナ・パークさん(EVEコンドームファウンダー)ら、海外スピーカーと交流する人で賑わいました。

29_1F_2_ginapark_sake-28_gina

じっくりと来場者と語り合うジーナ・パークさん(EVEコンドームファウンダー)。

訪れた人のなかには、「英語のセッションを聴いて、通訳に頼らずに理解したいと思った」「学生時代から海外留学が夢だったのに、そんな気持ちも忘れていた」という人も。

英語力の必要性は感じているものの、日々の忙しさを優先し、「語学を身につけたい」「海外で生活してみたい」という思いはどうしても後回しになってしまいがち。セッションがリマインダーになり、思いをあらたにした人も少なくなかったようです。

image

意外と多い女性社会人の海外留学

社会人が海外留学を決断するのは勇気のいることですが、カプランは滞在先の紹介もしてくれるとのこと。また、ビジネス英語やTOEFLなどに特化したクラスもあれば、授業が半日だけでゆったりと学べるクラスまでが用意されており、最短2週間のコースから受講が可能です。

29_1F_other_sake-26_640

セッションに登壇もしたカプラン・インターナショナルの人事担当、シェリル・スコットさん。

広報の方のお話によると、実際に海外留学をする社会人は20代を中心に30代、40代の女性が多いのだとか。仕事を辞めずとも休みを取ったり有休を留学にあてたりする人もいるそうです。

「次回のMASHING UPは英語で理解し、スピーカーたちとは英語で話す」。そんなことを目標に、海外留学を計画してみるのもいいかもしれません。

MASHING UP

2018年11月29日・30日@TRUNK(HOTEL)

カプラン・インターナショナル

撮影/中山実華

場の雰囲気にあわせて、プレゼンテーションを自由にデザインするには

MASHING UPのゲストスピーカーの多くが手にしていたクリッカー「Spotlight」。会場の反応や雰囲気に応じて臨機応変に自由にプレゼンテーシ...

https://www.cafeglobe.com/2018/12/mu2_report_logicool.html

トイレで世界を救う!Mr.トイレットが語るタブーを打ち破るヒント

MASHING UPのオープニングスピーチを務めたのは世界トイレ機関ファウンダーであり「Mr.トイレット」と呼ばれるジャック・シムさん。トイレの普及...

https://www.cafeglobe.com/2018/12/mu2_report_jacksim.html

大森りえ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    10. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    思い出した、この気持ち。夢を叶える近道は?

    FBからも最新情報をお届けします。