1. Home
  2. ライフスタイル
  3. おいしいものが勢ぞろい! クラウドファンディングで大人気のフード&ドリンク

おいしいものが勢ぞろい! クラウドファンディングで大人気のフード&ドリンク

MASHING UP/マッシングアップ

makuake_top

刺激的なセッションが目白押しで、頭と心はフル稼働。ちょっと小腹も空いたし、甘い物でも口にしたい——。11月29日・30日に開催されたMASHING UPで、そんな来場者にとって夢のような空間となったのは、会場のラウンジに設けられたクラウドファンディングサービス「Makuake(マクアケ)」のテイスティングブースです。特別にセレクトされたフード&ドリンクに多くの人が舌鼓を打っていました。

ヒートアップする頭と心においしい栄養を

世代や性別、事業の規模といった垣根を越えて個人やベンチャーに機会を与える手段となる「クラウドファンディング」。これまでに世界でどれだけの人が、自らの斬新なアイデアや強い思いに人々の賛同を得て、夢を叶えてきたことでしょう。

このクラウドファンディングという仕組みを利用して、新しいモノ・コトを生み出す日本最大級のプラットフォームが「Makuake」です。「世界をつなぎ、アタラシイを創る」をビジョンに掲げ、今までに5,000件以上のプロジェクトがここで産声を上げました。

スイーツからおかず系、ドリンクまで

makuake_5

今回会場となったTRUNK(HOTEL)別棟KEYAKIの2階ラウンジには、数ある人気のプロジェクトから、Makuakeが今回このイベントのためにセレクトしたフード&ドリンクがずらり。生産者や広報担当者が自慢の商品の前に立ち、サーブしながら来場者と会話を弾ませていました

目標金額の568%を達成した香りを食べるアイスクリーム「FRAGLACE」は新フレーバー「レモン・オリーブオイル・塩」を携えて。GINZA SIXに店舗を構えるパリのスイーツ界の巨匠の店「フィリップ・コンティチーニ」は、噛んだときの音や香りにまでこだわったクラックネを。東京・広尾のバスクチーズケーキ専門店「BELTZ」では、表面の焦げ部分と外側のやや固まったテクスチャー、内側の「ふわトロ」の3つの食感が楽しいチーズケーキが振舞われました。

また、「Takano Farm」のジューシーなピーチをフリーズドライにした「Airy FRUIT」と瀬戸内・三角島産レモンを使った「THE DRY LEMON」は従来のドライフルーツの概念を覆すおいしさ。そのほか、オフィスでもこだわりのパンが楽しめる世界初のパンのオーダーメイドサービス「パンフォーユー」の冷凍パン、イタリアと鮮度時差±0時間で味わえる「MuMu MOZZARELLA」の生モッツァレラといった“おかず系”や、すっきりとした自然な甘さが特長の栄養ドリンク「糀の活力」、50%にまで精米した舌ざわりなめらかな「大吟醸 甘酒ヌーボー」といった日本の伝統技術を生かしたドリンク、そして遅めの時間にはワインや日本酒も加わり、美しいプレゼンテーションのもとに紹介されていました。

makuake_2

小さな生産者もメーカーも、周知活動の頼りに

興味深かったのは、小さな生産者やメーカーだけでなく、すでにいくつもの人気商品を世に送り出している食品メーカーまでがこのブースに集っていたこと。クラウドファンディングは個人やベンチャーの夢を叶える手段だと思っていましたが、今や効果的な新製品の周知のためにMakuakeを利用する企業も少なくないのかもしれません。

おいしいモノや新しいコトに出会いたいなら、もしくは自分でプロジェクトを持ち込みたいなら、まずはMakuakeを頼ってみるのもいいのかも。そんなMakuakeの懐の深さと可能性も感じさせてくれたエキシビションでした。

makuake_6

MASHING UP

Makuake(マクアケ)テイスティングブース
2018年11月29日・30日@ TRUNK(HOTEL)

Makuake

撮影/中山実華

リアルに泥臭く未来を変える。女性起業家のアイディアピッチコンテスト

MASHING UP最後のセッションは女性起業家によるピッチ大会。注目の新ビジネスを立ち上げた4人が集まり、事業アイディアを競いました。

https://www.cafeglobe.com/2018/12/mu2_report_pitch.html

「出会いがない」けど人生のパートナーと出会うために。見つけるべきは自分のコアバリュー

多くの女性が口をそろえて、「出会いがない」といいます。では、どうしたら出会えるのでしょうか。MASHING UPのセッションでヒントを探りました。

https://www.cafeglobe.com/2018/12/mu2_report_pairs.html


大森りえ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    10. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    おいしいものが勢ぞろい! クラウドファンディングで大人気のフード&ドリンク

    FBからも最新情報をお届けします。