1. Home
  2. 占い
  3. 2018年12月の運勢【逢坂杏の12星座占い】やぎ座

2018年12月の運勢【逢坂杏の12星座占い】やぎ座

9,761

yagi_01

全体運

運勢は下旬に向かうほど昇り調子に。それまではストレス解消を心がけることで消耗を防げます。仕事が立て込んだ時ほど、息抜きの時間を確保しましょう。スポーツの応援やカラオケなど我を忘れて頭をからっぽにできるものがおすすめです。

12月22日は冬至を迎えます。この冬から来春にかけては、アイデンティティの室にある太陽・土星・冥王星が、火星と摩擦関係に。一時的にやりたいことを我慢したり、自分を否定された気分に陥りやすいかもしれません。職場でのパワハラや身内との軋轢など、身近な環境に火種は隠れていそう。

この厳しい配置を緩和する天王星は、いったん目の前の問題から目を離し、過去の自分に注目するようにと告げています。幼い頃の環境、周りとの関係、親からの躾など、何か1つでもわだかまりを覚えるものがあれば、そうした記憶を癒してあげて。

当時の感情を思い出し、ありのままの自分を抱きしめてあげてください。自分の中にあるインナーチャイルドに気づくことで、状況は大きく動き出すでしょう。

後半からは運勢は本調子に。思い切りよく遊びことでチャンスの波に乗れそうです。年末年始はアウトドアに恵みが。冬キャンプやウィンタースポーツなど大自然に親しむと英気を養えそう。

ビジネス運

オフィスでは利他的な姿勢がツキを呼びそう。同じフロアで苦戦を強いられている人、伸び悩んでいる後輩などに手を差し伸べてみて

また歳末のボランティア活動に打ち込のもよいでしょう。募金や寄付、クラウドファンディングへの参加も◎。

ラブ運

12月16日は金星が土星と吉角。包容力にあふれる男性との出会いが暗示されています。いっしょにいると何故か安心感を感じさせるタイプは運命の人かも。

カップルは聖夜はイルミネーションの美しいスポットへ足を運ぶとラッキー。

ラッキーアイテム

アメジストのリング

12月の全体運
2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

【haruの恋占い】12月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年12月は、「節目」がキーワード。しなやかに、身をゆだねるように新しい年を迎えることを意識してみましょう。

https://www.cafeglobe.com/2018/11/haru_2018_december.html

恋愛も時間の流れも、年末にかけて加速する予感【吉野まゆのインド占星術】

[高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!] 2018年11月15日〜12月14日の運勢は? 年末に向けて物事が加速していく時期ですよ。

https://www.cafeglobe.com/2018/11/india_november.html

Image via Shutterstock

逢坂 杏

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    2. 「最近急に太ってきた。さあどうする?」の正解は

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    6. 目標は持たない。失敗は失敗ではない/星野佳路さんの仕事術[前編]

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 食べ過ぎで太らないコツ、教えます。AVIのリラックスヨガ

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 「最近急に太ってきた。さあどうする?」の正解は

    7. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    5. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    8. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    9. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    2018年12月の運勢【逢坂杏の12星座占い】やぎ座

    FBからも最新情報をお届けします。