1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 使いやすすぎる3Way! 新作バッグはサンローラン1択

使いやすすぎる3Way! 新作バッグはサンローラン1択

1,737

2019年春夏コレクションの新作バッグが店頭に並び始めています。

筆者が狙っているのは、「サンローラン」の新作「アップタウン」のトートバッグ。というのも、とても使い勝手が良いのです。

20181218_ysl_1

左:新作バッグ「アップタウン」より、モノグラム・サンローラン スモール・アップタウン・YSLカバH23×W23×D11cm 239,000円(税別)※日本限定色。取り外し可能なショルダーストラップつき。右:「イーストサイド」の日本限定色も登場。外ポケットにはクラッチバッグがイン。モノグラム・サンローラン スモール・イーストサイド・YSLカバH20×W23×D11cm 225,000円(税別)。

ハンドバッグとして、ショルダーバッグとして使えるだけでなく、メタルのYSLロゴがあしらわれた部分はクラッチバッグとして取り外し可能な3WAY。クラッチを外すと、差し込まれていたところは外ポケットとして機能。用途やコーディネートに合わせ、さまざまなスタイルで楽しめます。

20181218_ysl_2

ともに「アップタウン」より。左:プレローンチのモノグラム・サンローラン ミディアム・アップタウン・YSLカバH24×W31×D16cm 255,000円(税別)。右:ブラックレザーを配したモノグラム・サンローラン スモール・アップタウン・YSLカバH23×W23×D11cm 239,000円(税別)。

アップタウンという名は、メゾンが2018年6月にメンズコレクションをニューヨークで開催したことから、ニューヨークの地名を冠したのだそう。

20181218_ysl_3

「アップタウン」より、モノグラム・サンローラン ミディアム・アップタウン・YSLカバH24×W31×D16cm 255,000円(税別)。

アップタウンといえば高級住宅街で知られ、メトロポリタン美術館やセントラルパークが位置するエリア。新作バッグを提げ、マンハッタンをゆったりと散策、クラッチバッグを持ってナイトアウト……なんて妄想が膨らみます。

20181218_ysl_4

コンパクトサイズのアイコンバッグ「ルー・サッチェル」の新色はバイカラー。モノグラム・サンローラン ルー・サッチェルH16×W23×D6cm 135,000円(税別)。

同バッグ、伊勢丹新宿店の期間限定ショップにていち早く展開されています。日本限定カラーが展開されるほか、アイコンバッグ「ルー・サッチェル」の新色なども登場するので、2019年をともに生き抜くバディ・バッグを探しに行きましょう。

※写真はすべて©COURTESY OF SAINT LAURENT

イヴ・サンローラン

電話:0570-016655 ※期間限定ショップは2019年1月4日(金)まで、伊勢丹新宿 本館1階=ハンドバッグ/プロモーションにて開催中。

サンローラン

「キラキラ」だけじゃ進まない! 本音で話そう、ダイバーシティの理想と現実

決してキラキラした側面ばかりではないダイバーシティ推進。男女比率が大きく異なるオムロンとワコールでは、どんな取り組みが行われているのでしょうか? 本...

https://www.cafeglobe.com/2018/12/kirakira_diversity.html

思い出した、この気持ち。夢を叶える近道は?

自分の可能性を広げてくれるのが語学。社会人でも海外に留学をして学んでみたいものです。そんな気持ちを思い出させてくれたのが、カプラン・インターナショナ...

https://www.cafeglobe.com/2018/12/mu2_report_kaplan.html

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    10. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    使いやすすぎる3Way! 新作バッグはサンローラン1択

    FBからも最新情報をお届けします。