1. Home
  2. キャリア
  3. 自己肯定感を上げたいなら、買い物の仕方もポイントです

自己肯定感を上げたいなら、買い物の仕方もポイントです

ビジネス格言

1,228

shutterstock_732473059_640

「そうだ!私は自分の意思で行動できる大人になったんだ!もうあの頃の私じゃないぞ」

かつて母に否定され自分には似合わないと思っていた金の腕時計を大人になって手に入れることができた

その時計を見るたびこう決意できた自分の勇気を思い出させてくれる感じがして

私は少しずつ強くなっていけるような気がするのでした


わたなべぽん「自分を好きになりたい」より引用

人が前を向いて生きていくためにとても大切な自己肯定感をテーマにした話題の新刊が、わたなべぽんさんの『自分を好きになりたい』。わたなべさんは、『やめてみた。』などの著書をもつ人気漫画家です。

根底にある「自分のことが嫌い」を卒業するために

shutterstock_272919674_640

“自己肯定感を上げる”がテーマの、読みやすいエッセイマンガ。ふんわりした可愛いタッチのイラストですが、読んでいるとヒリヒリするほど真摯な気持ちが伝わってきます。

「自分のことが大嫌い」「でも、いつか自分を好き人なりたい」そんな思いを抱えていたわたなべさんは、自力で自己肯定感を上げるために様々な努力を重ねていきます。その中のひとつが、“子どもの頃にしてほしかったことを、自分にしてあげること”。

少女時代に母親に取り上げられた金の腕時計を大人になってから自力で手に入れたときの気持ちについて、わたなべさんは上記のように綴っています。トラウマが蘇ったときに、この金の腕時計がお守りのような役割を果たすようになったそうです。

働いて自分で稼いだお金で、欲しい物を買う」という一見ごく普通の行動も、時には誇りを取り戻すための神聖な儀式になるのです。

わたなべぽん『自分を好きになりたい』]Image via Shutterstock

ゼロ・ハラスメント実現の第一歩は“オール当事者意識”から始まる

様々な名称で日々問題提起されるハラスメント。私たちがどう考え、何をすべきかを、「ゼロハラ」プロジェクトのメンバーなど4名で考えました。

https://www.cafeglobe.com/2018/12/mu2_report_zerohara.html

トイレで世界を救う!Mr.トイレットが語るタブーを打ち破るヒント

MASHING UPのオープニングスピーチを務めたのは世界トイレ機関ファウンダーであり「Mr.トイレット」と呼ばれるジャック・シムさん。トイレの普及...

https://www.cafeglobe.com/2018/12/mu2_report_jacksim.html

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    2. 「最近急に太ってきた。さあどうする?」の正解は

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    6. 目標は持たない。失敗は失敗ではない/星野佳路さんの仕事術[前編]

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 食べ過ぎで太らないコツ、教えます。AVIのリラックスヨガ

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 「最近急に太ってきた。さあどうする?」の正解は

    7. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    5. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    8. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    9. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    自己肯定感を上げたいなら、買い物の仕方もポイントです

    FBからも最新情報をお届けします。