1. Home
  2. キャリア
  3. 2018年、ありがとうございました

2018年、ありがとうございました

shutterstock_735649525_640

2018年もあと数時間。皆様、今年はどんな年でしたでしょうか?

平昌オリンピックでの日本最多13メダルの獲得や、本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大特別教授のノーベル生理学・医学賞の受賞など、うれしいニュースも多い一方で、西日本豪雨や度重なる大型台風の襲来など自然の脅威に見舞われた年でもありました。

また、働き方改革が本格的に叫ばれるようになり、さらに「人生100年時代」という言葉の浸透もあって、自身のキャリアや働き方を自分でリ・デザインする必要性に気づき、新たな一歩を踏み出した人も多かったのではないでしょうか。

そんな時勢もあり、「働くこと」をテーマとしてきたカフェグローブを、これまで以上にたくさんの人が訪れてくれました。

2018年によく読まれた人気記事

2018年は特に、「給料」「転職」「スキルアップ」に関する記事がよく読まれる傾向がありました。また、「スティーブ・ジョブズ」の仕事術に関する記事も変わらず人気。さらに、「感情コントロール」や「職場でのコミュニケーション」に関する記事は、引き続き通年を通して読まれています。

具体的には、以下のような記事が多くの人に読まれました。

給料低いなぁ……とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

給料低いなぁ……とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

会社と社員が対等な立場で給与額を決めていく「給与2.0」時代。給与を軸に、自分の価値を高める働き方をするためのキャリア戦略をご紹介します。

https://www.cafeglobe.com/2018/10/salary.html

新卒とココが違う。キャリア転職で知っておくべき面接マナー

新卒とココが違う。キャリア転職で知っておくべき面接マナー

新卒の面接と違って、アラフォーの転職面接では何を気をつければよいのでしょうか。キャリアコーチとしてアメリカで知られるフォード・R・マイヤーズ氏の、第...

https://www.cafeglobe.com/2018/02/tips-1.html

若きジョブズが採用で重視した、たった一つのスキルとは?

若きジョブズが採用で重視した、たった一つのスキルとは?

故S・ジョブズは若いころ人事採用の最重要ポイントはセルフマネジメント力だと語っていました。自分で自分を管理し、仕事を遂行するスキル。彼によると、共通...

https://www.cafeglobe.com/2018/01/jobs-29.html

ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

スティーブ・ジョブズは質疑応答で社内で機能していることなど参加者から具体的な答えを求め、総合的なフィードバックを得ていました。「質問はありますか」の...

https://www.cafeglobe.com/2018/06/steve_jobs.html

つい「すみません」と言ってません? 謝りすぎる習慣をなおすコツ

謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

無意識に謝ってしまうクセがついていませんか?ゴメンばかり言っていると、周りの人も自分も損をしてしまいがちです。3つのステップで適切な表現に置き換えて...

https://www.cafeglobe.com/2018/04/apologize.html

仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

心に効くマインドフルなランニング方法があるのだといいます。“今、ここ”に意識を集中させて、ビジネスの場におけるさまざまな感情を上手にコントロールする...

https://www.cafeglobe.com/2018/06/book_running.html

あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

アンガーマネジメントは、まず自分の怒りタイプを知ることから。怒り方の癖や、イラッとくるポイントなど、人によって違う6つのタイプを「怒り診断」でチェッ...

https://www.cafeglobe.com/2017/10/065037anger_type.html

2018年はカフェグローブも大きな転換期にありました。

これまでにない働き方の変化・多様化により、わたしたちがすべきことは何なのか、考え続ける1年となりました。

そんな中で見えてきたのは、「働く人々の毎日に寄り添う」というメディア立ち上げからのテーマを胸に、さらに、「より楽しく働ける社会づくり」を読者の皆さんと共にしていきたい、という思い。

2019年4月のリニューアルに向けて、新年から本格始動していきます。来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

cafeglobe編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    10. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    2018年、ありがとうございました

    FBからも最新情報をお届けします。