1. Home
  2. キャリア
  3. なにかに縛られていませんか? 「『こうあるべき』から離れたら、仕事はもっと楽しくなる」

なにかに縛られていませんか? 「『こうあるべき』から離れたら、仕事はもっと楽しくなる」

仕事の本棚

ここ数年で、女性管理職は確かに増えていると実感します。しかし、前例がないだけにどう歩めばいいのか戸惑いもあったり。

置かれた自分の立ち位置になかなか心の折り合いがつけられないとしたら、どんなスタンスで仕事と向き合っていけばいいのでしょうか。

book_IMG_2267

『働く女子と罪悪感』 の著者である浜田敬子氏女性初の「AERA」編集長として、さまざまなメディアに出ている様子を目にした人も多いはず。

知的でありながら柔らかい印象を持つ著者ですが、最初のキャリアは朝日新聞社の記者でした。やがて、「週刊朝日」「AERA」編集部を経て、出産や育児休暇を経験。現在は「Business Insider Japan」統括編集長を務めています。

著者ほどのハイキャリアでなかったとしても、日本の多くの企業で、突如「女性初」の冠をつけられて困惑している人は多いのかもしれません。

「AERA」の場合、1988年の創刊以来、歴代編集長は男性。著者は12人目にして、初の女性編集長に就任します。「AERA初の女性編集長」という肩書きを自らプロフィールに入れていたものの、じつはためらいもあったようです。

入れれば間違いなく、そこにフォーカスされて他の媒体と差別化ができる。とはいえ、ことさらに肩書きを強調されると、身の置き場がないような感覚になったのだといいます。

多様な立場や意見があっていい

「週刊朝日」在籍時には、「女性視点の記事」を書くことに抵抗を感じていたという著者ですが、今はこのように述べています。

女性にチャンスを与えるということは、報道の視点でも多様な声をすくいあげることなのだと思う。

女性が女性としての意見を述べることだけが、重要なことではない。職場の少数派であるというのならば、そんな自分の感情を素直に表現し、おかしいと思うことはおかしいと言える場所にしていく

多様な立場や意見があっていい、むしろ受け入れられる社会を作っていく時が、今なのかもしれません。

働く女子と罪悪感

著者:浜田敬子
発行:集英社
定価:1,300円(税別)

楽しんで働いていますか? 運とキャリアを手に入れるための重要スキルは「面白がり力」だった

『「面白がり力」がキャリアを運ぶ』というテーマでMASHING UPに登壇したのは楽天の仲山進也さん、リンクトイン・ジャパンの村上 臣さん、そしてモ...

https://www.cafeglobe.com/2019/01/mu2_report_amuse_yourself.html

「出会いがない」けど人生のパートナーと出会うために。見つけるべきは自分のコアバリュー

多くの女性が口をそろえて、「出会いがない」といいます。では、どうしたら出会えるのでしょうか。MASHING UPのセッションでヒントを探りました。

https://www.cafeglobe.com/2018/12/mu2_report_pairs.html

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    10. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    なにかに縛られていませんか? 「『こうあるべき』から離れたら、仕事はもっと楽しくなる」

    FBからも最新情報をお届けします。