1. Home
  2. キャリア
  3. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

仕事の本棚

1,260

プレゼンやスピーチというものは、どんなに経験を積んでも毎回緊張してしまうものです。緊張さえしなければ、もっと力を発揮できるのにと思わずにはいられません。

IMG_2288_book

『緊張をコントロールして最高の結果を出す技術』 の著者である石津貴代氏はメンタルトレーナー。日本プロ野球パ・リーグ球団、女子ラグビー日本代表選手といったアスリートだけではなく、経営者や女優など多岐に渡った職業の人々のメンタルトレーニングにあたっています。

ビジネスパーソンであれば、皆、緊張に関する何かしらの黒歴史を持っているものではないでしょうか。著者もまた、過去において緊張を原因とする苦い経験をしてきました。そんな自身の経験を通じて得た、緊張で損する人生を超えていくためのメソッドが本著には記されています。

緊張には5つのタイプがある

そもそも緊張には、以下のタイプがあるようです。

プライド型
コンプレックス型
トラウマ型
準備不足型
未経験型

プライド型は人からの評価を気にする完璧主義者で、コンプレックス型は自分に自信がない劣等感の持ち主

トラウマ型は過去に人前で恥ずかしい経験をした人、準備不足型は事前準備が足りなかったり急に大役を任された人。未経験型は初めての経験や場所、相手に対して緊張する人を指しています。

同じように緊張するといっても、よく見ればさまざまなタイプがあるのです。

ビジネスパーソンに多い? プライド型の対処法

働く人の多くは、ある程度の場数はすでに踏んでいるはず。5つのタイプでいえば、プライド型が多いのではないでしょうか。

プライド型緊張の対処法として、著者は「矢印法」を紹介しています。

矢印は意識の方向を指していて、基本的に自分から相手に伝えたいというスタンスをベースにしています。自分が何をするべきなのかを明確に意識し、テーマを一つ決めて、自分でコントロールできることだけに集中して話す相手の反応を深読みしすぎないことも、大事なようです。

相手からの評価に気を取られずに、集中して発信する。今年は一皮向けた自分になって、のびのびとプレゼンをしてみたいですね。

緊張をコントロールして最高の結果を出す技術

著者:石津貴代
発行:すばる舎
定価:1,400円(税別)

人はなぜ学ぶ? 本当になりたい自分への第一歩

いくつになっても私達は学び続けています。なぜ人は学ぶのか? 教育の目的やなりたい自分になるためのヒントを、教育に携わる皆さんと考えます。

https://www.cafeglobe.com/2019/01/mu2_report_education.html

ヴィーガン・コンドームで若者のセックスを安全なものに

韓国の「EVEコンドーム」創始者であるジーナ・パークさん。セックスに関するタブー意識に変革を起こすべく、コンドーム産業に、女性向けという新しい選択肢...

https://www.cafeglobe.com/2018/12/mu2_report_eve.html

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    FBからも最新情報をお届けします。