1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 今年はハリ活します。みずみずしい肌づくりを阻害する物質、やっつけてやる

今年はハリ活します。みずみずしい肌づくりを阻害する物質、やっつけてやる

新発売される注目のインナーコスメ、「B.A タブレット」「B.A リキッド」。黒を基調とした洗練のパッケージからは、身体の奥底から美しさが力強く芽吹き、開花するようなイメージがわいてきます。

20181219_pola_1

左:美の体力を引き出す「B.A タブレット」60粒7,000円〜。右:速攻アプローチ派におすすめの「B.A リキッド」20ml×12本8,800円。タブレットと併用可能(ともに税別)。※ともに2019年2月1日(木)発売

脂肪細胞のメッセージ物質の働きに着目

インナーコスメとは思えぬ美ルックスですが、その内容もまた素晴らしい。

今回、B.Aリサーチセンターが着目したのは、脂肪細胞。脂肪細胞は脂肪を溜め込むだけでなく、さまざまな生理現象を引き起こします。この生理現象を発生させているのが、メッセージ物質のアディポサイトカインです。

そして、同センターが突き止めたのが、このアディポサイトカインの一種であるケメリンが、全身の表皮・真皮・皮下組織における「肌のうるおい」「ハリ」「立体感」に必要な成分を生む力を低下させている、ということ。

そこで、製品にはクルミポリフェノールとケンポナシエキスを独自のバランスで配合したオリジナル複合成分・Ch-Aエキスを採用。ケメリンの減少をサポートします。

飲むからこそ、いい

shutterstock_1207123135_640

Image via Shutterstock

ここまで読んで、「飲む(=インナーコスメ)より塗る(=スキンケア製品)ほうが気軽に使えるんだけどなあ……」と、感じた方もいるかもしれません。ですが、Ch-Aエキスをインナーコスメに配合させた理由が、2つあります。

1つは脂肪細胞が肌の奥深くに存在し、さらに細胞1つ1つが毛細血管に包まれるようになっているため、血流にエキスをのせて運ぶほうが効果的だと考えられたから。また、もう1つは、脂肪細胞が全身いたるところに存在するから。

身体中へ届かせるためにもインナーコスメに軍配が上がったのです。塗布したパーツに作用するスキンケア製品と違い、顔以外に、デコルテや膝でもハリや弾力、うるおいを実感できたというテスト結果が出たそう。

さあ、1日2粒、あるいは1日1本ずつとりいれて、身体全体から内なる美を引き出しましょう。目に見えるところに出しておけるおしゃれパッケージですから、飲み忘れしにくいはずです(たぶん)。

ポーラ

電話:0120-117111(ポーラお客さま相談室)

ポーラ

大衆の心をつかみ、製品を手に取ってもらうカギは?

「マイノリティへの共感」。企業として多様な文化への歩み寄りに挑戦することは、どうして大切になってくるのでしょうか。ヒントを探りました。

https://www.cafeglobe.com/2018/12/mu2_report_empathy.html

「女性は◯◯すべき」⁉ そんな制限から解放されるには

「女性だから◯◯してはいけない」と自らに無駄な制限をつけていませんか?そんな現状を打破して、自分に価値を見出して幸せになるには、どうしたらいいのでし...

https://www.cafeglobe.com/2018/12/mu2_report_dont_limit_yourself.html

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    2. 「最近急に太ってきた。さあどうする?」の正解は

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    6. 目標は持たない。失敗は失敗ではない/星野佳路さんの仕事術[前編]

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 食べ過ぎで太らないコツ、教えます。AVIのリラックスヨガ

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 「最近急に太ってきた。さあどうする?」の正解は

    7. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    5. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    8. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    9. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    今年はハリ活します。みずみずしい肌づくりを阻害する物質、やっつけてやる

    FBからも最新情報をお届けします。