1. Home
  2. キャリア
  3. AIの活用で、人間はもっとクリエイティブな仕事に挑戦できるようになる

AIの活用で、人間はもっとクリエイティブな仕事に挑戦できるようになる

仕事の本棚

昨今、AIに関する話題は事欠きません。そうはいっても、身近な職場において何らかの形でAIを導入しているというケースを、あまり耳にしません。結局のところ、まだまだ自分には関係ないように感じてしまうのは私だけでしょうか。

IMG_2408_book_1

『いまこそ知りたいAIビジネス』の著者である石角友愛氏は、AIビジネスデザイナーです。

ハーバードビジネススクールでMBAを取得、シリコンバレーのグーグル本社で多数のAIプロジェクトをシニアストラテジストとしてリード。

HRテックや流通AIベンチャーを経てパロアルトインサイトをシリコンバレーで起業し、現在は、シリコンバレー在住でありながらに日本企業に対して最新のAI戦略提案からAI開発まで一貫した支援提供を行なっています。まさに時代の寵児といえるでしょう。

AIをどう捉えていますか? 多くの国ではポジティブです

AIというと一般的に連想されるのは「事務的な仕事をロボットが代わりにやってくれる」「自分の仕事がAIに奪われてしまって職を失うかもしれない」といったところでしょう。

毎日のようにニュースや経済番組で取り上げられている割には、その実情がわかりにくいものです。むしろ、AIはよくわからない存在で、不安を感じさせるネガティブな印象すらあります。

しかし、アメリカをはじめとする多くの国では「AIに仕事を奪われる」という考え方ではなく、「人間はもっとクリエイティブな仕事に挑戦できるようになる」といった認識で捉えられています。

日本人はまず、AIに対する根本的なイメージを刷新したほうがよさそうです。

もはやインフラ。AIで7割の業種は業績が伸びる?

そして、意外なことに、これからは中小企業ほどAI活用が重要になるようです。

グーグルCEOのサンダー・ピチャイは「AIは火より、電気より大事なものだ」と発言していますが、AIはもはや、火や電気、またはインターネットに例えられるくらいのインフラとして考えられているのです。

AIを活用すれば業績が伸びる業種は全体の7割で、旅行業界や小売業界などが大きな変化を受ける業界であるといわれています。

AI導入は企業サイズで推し量れるものではないということ。うちの会社は小さいから関係ないといった考え方をリセットしておく必要がありそうです。

いまこそ知りたいAIビジネス

著者:石角友愛
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
定価:1,600円(税別)

ブロックチェーンが働き方を自由にし、ビジネスを民主化する

ブロックチェーンは世界にどのような革命をもたらすのか? 変化を日々感じてビジネスを行っている3名が、これから起こるインパクトについて語ります。

https://www.cafeglobe.com/2019/01/mu2_report_blockchain.html

あなたの生き方はWell-being? それともWell-having?

最近、よく聞くウェルネス、ウェルビーイングという概念。日本では単に「ヘルスケア」という文脈で語られがちですが、欧米ではもっと広い意味があるそう。意味...

https://www.cafeglobe.com/2019/01/mu2_report_wellbeing.html

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    AIの活用で、人間はもっとクリエイティブな仕事に挑戦できるようになる

    FBからも最新情報をお届けします。