1. Home
  2. キャリア
  3. 「もういい歳だから」と諦めていませんか? 人はいくつになっても挑戦できる

「もういい歳だから」と諦めていませんか? 人はいくつになっても挑戦できる

ビジネス格言

1,696

0222_1

Image via Shutterstock

年甲斐もなくとか、いいトシをしてとか、よく言いますね。そもそも、トシというのは、一体、いつからが、いいトシなんでしょう。(略)百歳になったとき、長生きの秘訣は、と聞かれて、「トシのことを考えないこと」、そう言いました。忘れているんですよ。
——篠田桃紅

1913年生まれ、2019年3月下旬に106歳の誕生日を迎える美術家の篠田桃紅さん。著書『百歳の力』の中で、年齢について語った名言です。

篠田さんは、人生の早い段階から、ひとりで自活して生きていく覚悟を決めていたそう。1956年に43歳で単身ニューヨークへ渡り、現地で個展を開きます。渡米のタイミングについては「行かれるようになったから行っただけで、あのとき43歳であったということは偶然です」とサラリと書いています。

考えてみれば、人生は100人いれば100通り。100人全員が「10代はこれをして、20代はあれをして……」と足並みを揃えることの方が不自然です。

当時、バッシングや逆風も強かったはずですが、篠田さんは「あんまり苦労なんかはしない。だってしたいことをやっているんだから」とあっさり。

篠田さんの著書を読んでいると、“自由で若々しい大人の女性”と“ワガママな女の子”の違いは、“自由と対になっている責任と孤独”をきちんと負うことができるかどうか、であることがよくわかります。

篠田桃紅『百歳の力』(集英社新書)

いまの仕事に迷いがある人へ、働き方のヒント。「自分にしかできない仕事」は自分でつくろう

私たちにとって「価値ある働き方」とは何でしょうか。自分らしい働き方をしている4人の豊かな生き方には、働き方のヒントがありました。働き方改革が注目され...

https://www.cafeglobe.com/2019/02/mu2_report_work_style.html

「性善説」だからうまく回る。強い会社を作るヒント

社員一人ひとりが輝ける、ユニークで強い組織はどうしたら作れるのか? 話題の人事労務の担当者や産業医に、健やかな組織をつくるヒントを聞きました。

https://www.cafeglobe.com/2019/02/mu2_report_kakekomidera.html

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 博学多才タイプ

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    「もういい歳だから」と諦めていませんか? 人はいくつになっても挑戦できる

    FBからも最新情報をお届けします。