1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

meranoshot_01

ファッションや身だしなみには気を使っていても、おそろしいのが「気づいたら顔が老け見えしていた」という事象。そうならないためにはどうしたらいいのか、「老け見え」のポイントと、最新の撃退方法をご紹介します。

そもそも「老け見え」顔って何!?

GettyImages-88386650

ふと鏡を見たら「なんだか老けた?」と思う瞬間が……。

若い頃とまったく同じ肌じゃないのは、ある程度はしかたのないこと。昨今はむしろ、「笑いジワってすてき」という向きも。では、問題の「老け見え」とは、具体的にどんなものなのでしょうか?

それは、「素敵に年齢を重ねているな」とは到底思えない疲れた、不健康な印象を伴う容姿。

その原因の最たるものは、シミやくすみでしょう。これらがあると、年齢以上に老けて見えたり、生活感が漂う、暗いイメージをもたれたりしてしまいがちなのです。

若見え肌のためのミッション1:くすみを減らそう

くすみをなくすなんて、どうしたらできるの……と戸惑ってしまうかもしれませんが、慌てなくても大丈夫。日本には、古くからくすみを改善してくれる特別な成分があります。

それが、「コウジ酸」

日本酒を作る杜氏の手が、白く美しいことから発見された、天然の美白有効成分です。

whiteshot_02-1

透明感のある杜氏の手。

コウジ酸は、美白成分として知られるビタミンC誘導体などよりも分子が小さく、肌の奥深くまで入り込んで、シミのもととなるメラノサイトまで直接届き、メラニンの過剰な生成を抑制。1988年に美白有効成分として認可されて以来、30年の実績を持つ美白有効成分です。

おすすめは、このコウジ酸を含んだ美白美容液を日々のお手入れに取り入れること。若々しい明るい肌へと導きます。

若見え肌のためのミッション2:シミを絶対、増やさない!

3年後、5年後、10年後も若見え肌をキープするには、シミを増やさないようにするのも必須。でも、実は今まで、シミの原因となるメラニン生成細胞(メラノサイト)の様子は詳しくわかっていませんでした。

ところがこのたび、日本で初めて、シミ部位の皮膚構造の3D解析に成功したとの報告が!

これによって、メラノサイトが表皮細胞を“はがいじめ”状態にしてメラニンを受け渡していることがわかりました。そして、コウジ酸をシミ発生源のメラノサイトに直接届けることがシミ対策にとても有効であるということを確認したのです。

こうして誕生したのが、コウジ酸を活用し、シミのもとを「無色化」する進化系コウジ酸美白美容液「メラノショット ホワイト」。約50年、美白と向き合ってきたコーセーが辿り着いた結論です。

50年の研究成果に立ち会えるなんてラッキー!

GettyImages-952723492

5年後も10年後も、澄んだ肌と笑顔で過ごせる時代になりました!

メラノショット ホワイト」のすごいところは、美白有効成分コウジ酸がシミのもととなるメラノサイトを狙い撃ちし、濃いシミや目立つシミを作らず、さらに、浸透性に優れているため、日焼けや乾燥で硬くなった肌にも瞬時に作用してくれます。

product_img_b_shouhin

「ONE BY KOSÉ メラノショット ホワイト」[医薬部外品]40ml 5,300円(税別)※編集部調べ

シミができる仕組みを解明したからこそ実現した効果的なアプローチで、すでにあるシミやくすみはもちろん、未来のシミ予備軍も撃退。これで、女性を悩ませる「老け見え」の原因だったシミやくすみも、もう怖くない!

現在、「ONE BY KOSÉ」では「贈る、ONE BY KOSÉ」キャンペーンを実施中。

大切な人へ「ありがとう」のかわりに、仕事もプライベートもがんばる自分へのご褒美に。「メラノショット ホワイト」を含む「ONE BY KOSÉ」の対象商品を同シリーズで3本ご購入いただくと、スペシャルボックスに入れた現品1本をプレゼントしてくれます(2019年10月15日まで)。

美白美容液の歴史的瞬間に立ち会えた、幸運な私たち。50年の研究成果をぎゅっと詰めた美白美容液で、5年後も10年後もみずみずしい素肌でいましょうね。

ONE BY KOSÉメラノショット ホワイト

文/中島理恵 Image via Getty Images

Sponsored by 株式会社コーセー

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 博学多才タイプ

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    FBからも最新情報をお届けします。