1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 自分と真摯に向きあえば、2045年は自ずとやってくる/石川善樹さん[後編]

自分と真摯に向きあえば、2045年は自ずとやってくる/石川善樹さん[後編]

LIFE after 2045/シンギュラリティと私の未来

20190206_3_top

来るべき日に向けて、今できることを明確にし、明るい未来を切り拓くための連続インタビュー[LIFE after 2045]。前編中編に続いて石川善樹さんに「ウェルビーイング(人がより良く生きるとは何か)」の気づきを得られるヒントを教えてもらいました。

人が“生きる”とは何なのか?

——今後をよりよく生きるために、カフェグローブ読者へすすめたい作品はありますか?

石川:ひとつは映画作品で、是枝裕和監督の『ワンダフル・ライフ』(1998年)です。

様々な理由で亡くなった“死者”たちが死後の世界へと旅立つまでの間に、ある場所に集められて「あなたの一番大切な思い出をひとつだけ選んでください」と言われます。その思い出のひとつひとつが映像として再現され、その記憶が“死者”たちの脳裏に鮮明に蘇った瞬間、彼らはその「一番大切な思い出」だけを胸に、死後の世界へと旅立ってゆく……という話です。

——「あなた自身の問題は何ですか?」という、石川さんの問いに近いものがありますね。

20190206_3_1

石川:普段はどうしても目先のことで精一杯になりがちですが、人生という長い目で自分のことを考える、良いきっかけになります。良いことも悪いことも含めて、自分の人生をしみじみと振り返らせてくれると思います。

もうひとつは、ノンフィクション作家の上原隆さんの著書『友がみな我よりえらく見える日は』(幻冬舎アウトロー文庫/1999年)です。短めのノンフィクションがいくつか収録されています。

20190206_book

「普通の生活を送っていた人が、ある日大事故に遭って障害を背負ってしまう」とか、「その人の出自からくる境遇によって、深く傷つけられてしまった」とき、彼/彼女はどのようにして自尊心を取り戻すのか? 自分自身のことをこれっぽっちも肯定できない状態に陥った人たちが、どうやってそこから立ち直っていったかが、描かれています。

たとえば本の中には、自分の容姿に自信がないことで、45年間一度も男性と付き合ったことのない女性が出てきます。 その状況と向き合っていった結果、最終的に彼女が取った行動が、とても興味深かったです。

こうやって「苦しんでも立ち直れるんだ」というエピソードを読んでゆくと、今の自分が抱えている悩みなんて些細なことというか……仮に何か最悪と思われるような事態に見舞われても、きっとそこから立ち直れるんだと思わせてくれます。

映画『ワンダフル・ライフ』も、書籍『友がみな我よりえらく見える日は』も、「人が“生きる”とは何なのか?」をしみじみと体感させてくれる作品なので、どちらも超おすすめです。

20190206_3_2

——最後に、シンギュラリティを迎えるといわれる2045年に向けて、読者へアドバイスを。

石川:しいて言えば「2045年のあなたは、あなたにしか決められないのだ」ということでしょうね。“自分の問題”を見つけて、それに無我夢中に取り組んでいたら、気づけば2045年になっていると思います。

そして、日々の体験や作業におけるやりがいの有無で、それらを簡単に切り捨てるのではなく、そうした些細な日々の体験を通してこそ、“自分の問題”が初めて浮かび上がってくるのではないでしょうか。なので整理すると、与えられた自分と向き合って生きていく、それしかないような気がします。

石川善樹(いしかわ よしき)さん/予防医学研究者
1981年生。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学で博士(医学)取得。「人がより良く生きるとは何か(ウェルビーイング:Well-being)」をテーマとして、企業や大学と学際的研究を行う。専門分野は、予防医学、行動科学、計算創造学など。

聞き手/カフェグローブ編集部、撮影/中山実華、構成/木村重樹

人は創造性を発揮しているときが一番楽しい!/石川善樹さん[前編]

「人生100年時代」と言われ長寿が現実になりつつある今、単に長生きできることは幸福なのでしょうか? 石川善樹さんに聞きました。

https://www.cafeglobe.com/2019/02/singularity5_1.html

女性が不調になりがちなのは、ごく生物学的な帰結です/石川善樹さん[中編]

2045年、人工知能(AI)と人間の能力が逆転する「シンギュラリティ(技術的特異点)」を迎えたら、私たちの仕事や暮らしはどう変わる? 石川善樹さんイ...

https://www.cafeglobe.com/2019/02/singularity5_2.html

cafeglobe編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    自分と真摯に向きあえば、2045年は自ずとやってくる/石川善樹さん[後編]

    FBからも最新情報をお届けします。