1. Home
  2. コミュニケーション
  3. 普通に話してもウケる人、何を言ってもスベる人は気にしているポイントが違う

普通に話してもウケる人、何を言ってもスベる人は気にしているポイントが違う

仕事の本棚

1,851

会議やプレゼンだけではなく、日常の会話でも普通に話しているだけなのにウケる人、何を話してもスベってしまう人と分かれるものです。その違いはどこにあるのでしょうか。

IMG_2508_1

『ウケる人スベる人の話し方』 の著者である渡辺龍太氏は、放送作家であり即興力養成講師として活動しています。

高校生のときにお笑い芸人を志すもスベり続けていた著者は、一念発起しアメリカへ留学。「インプロ(即興力)」という科学的に研究されたアドリブトーク術と出会います。

コミュニケーション能力が劇的に改善し、帰国後はNHKの番組ディレクターに就任、放送作家になります。そのかたわら、浅井企画メディアスクールでインプロワークショップなどの講師を経験したことから、ハリウッド流インプロ協会を設立するに至ります。

お笑いのテクニックではない、「インプロ」って?

著者が学んだインプロとは、状況に応じて即興で場が盛り上がる会話ができるようになるコミュニケーションメソッドのことをいいます。

大規模なお笑いブームが起きたことで、一般人が芸人のフリートークを見聞きする機会が多くなりました。その結果、素人でもお笑いのテクニックについて表面的に詳しくなり、一般社会でそのまま使ってしまう。残念ながら、こういう人は、一般社会ではスベる人になってしまいがちです。

その理由は、一般社会で普通の人が笑いを取る方法と、メディアで芸人が笑いを取る方法は明確に異なるから。普通の人は会話の中で「誰でも言える、単純でカンタンなことでよく笑っている」のだというのです。

気にするべきポイントは「言葉」ではなく「間」

ウケる人はツッコミの「間」を重視
スベる人はツッコミの「言葉」を重視

アメリカ人の会話では、話し手がきちんと間を用意しておいて、その間に聞き手が脳内でツッコミを行うことで笑いにつながっているのだといいます。

ツッコミは言葉ではなく、間で行うものであり、間をしっかりと用意していれば、聞き手は笑いポイントを理解して笑いが巻き起こるようです。

ウケる人になりたいのであれば、間をうまく使っていくことがポイントになりそうです。

ウケる人スベる人の話し方

著者:渡辺龍太
発行:PHP研究所
定価:1,400円(税別)

「子どもを持つこと」の新しい可能性/長谷川 愛さん[前編]

2045年の暮らしを考える人気連載。アーティスト/デザイナーの長谷川愛さんが描く、未来の性と生殖、パートナーシップとは?

https://www.cafeglobe.com/2019/03/singularity6_1.html

職場から冷蔵庫の中身をチェック! スマートホームの進化がすごい

アメリカのスマートスピーカー所有は2600万世帯。Amazon echoやGoogle homeなどの人気で、スマート家電がどんどん普及しています。...

https://www.cafeglobe.com/2019/02/nyt_smart_home.html

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 博学多才タイプ

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    普通に話してもウケる人、何を言ってもスベる人は気にしているポイントが違う

    FBからも最新情報をお届けします。