1. Home
  2. コミュニケーション
  3. 説明が苦手なら、東大院生が開発した「説明の黄金フォーマット」を試してみて

説明が苦手なら、東大院生が開発した「説明の黄金フォーマット」を試してみて

仕事の本棚

1,188

仕事の説明や、今ハマっている趣味の説明……。仕事の場に限らず、説明する機会は日常的に山のようにあります。しかし、「その説明、難しくてよくわからない」と相手に思わせてしまっては元も子もありません。

IMG_2510_book

『東大院生が開発! 頭のいい説明は型で決まる』の著者である犬塚壮志氏は、10年間駿台予備校の講師を務め、現在はビジネスパーソン向けのセミナー講師として活躍しています。

東大在学中から受験指導に従事し、当時最年少25歳の若さで駿台予備校の採用試験に合格したという経歴の持ち主でもあります。その講座は申込当日に即日満員御礼、キャンセル待ちが出るほどの大盛況で、3000人以上を動員する超人気講座になったという伝説があるほどです。

大学時代にアルバイトから始めた予備校講師時代、著者は自身のことを典型的な「難しいことをそのまんま難しく説明してしまう」ダメ講師であったと称しています。

それはプライベートにおいても同様で、付き合っている女性に宝石のうんちくを語ってしまい、失恋に至ってしまったという逸話があるほど。

そんな経験を通じて、伝え方の型を編み出していくに至ります。

わかってもらう説明には、7つの型がある

「わかってもらう説明の黄金フォーマット」として、7つの型(Step)が挙げられています。いわば、相手を理解に導く階段であるといえそうです。

1. 興味をひく
2. 聴き手のもっている知識や認識にアクセスする
3. 目的を示す
4. 大枠を見せる
5. つなげる
6. 具体化、事例、証拠を示す
7. 転移

最初の「興味をひく」の型には、「秘密を醸し出す」という手法があります。

「これまで誰にも話したことがないネタなんだけど……」などといった秘密の匂いがするキラーフレーズは、内容の希少性を伝えることができます。

まもなく新年度、相手が理解できるように伝える手法を、今のうちに磨いておきたいものです。

東大院生が開発! 頭のいい説明は型で決まる

著者:犬塚壮志
発行:PHP研究所
定価:1,500円(税別)

出産のタイムリミットは無くなるかもしれない/長谷川 愛さん[中編]

2045年、人工知能(AI)と人間の能力が逆転する「シンギュラリティ(技術的特異点)」を迎えたら?長谷川愛さんインタビュー中編です。

https://www.cafeglobe.com/2019/03/singularity6_2.html

“あつくるしいほどの愛”がモットー/株式会社ベアーズ 取締役副社長 高橋ゆきさん

家事代行サービスを日本で広めた株式会社ベアーズの高橋ゆきさん。自他ともに認める”あつくるしいほどの愛”にあふれる高橋さんだが、そこにはある哲学があっ...

https://www.cafeglobe.com/2019/02/career_yuki_takahashi.html

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 博学多才タイプ

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    説明が苦手なら、東大院生が開発した「説明の黄金フォーマット」を試してみて

    FBからも最新情報をお届けします。