1. Home
  2. キャリア
  3. 時間を制したければ、金曜日から1週間を始めてみよう

時間を制したければ、金曜日から1週間を始めてみよう

仕事の本棚

1,972

働き方改革が進めば進むほど、中間管理職が担う仕事量は増える一方。上手にタイムマネジメントしていくコツ、知りたいですね。

IMG_2507_book

『やりたいことを全部やる!時間術』 の著者である臼井由妃は、かつては時間貧乏であったといいます。

専業主婦だった著者は、病気になった夫の代わりに、33歳のときに突然社長に就任します。ビジネスの右も左も分からない状況で、会社の借金返済に奔走。やがて、発明した器具が大ヒットします。

しかし、周囲から素人のまぐれ当たりと言われるのを見返すため、そして自社の今後の商品開発のために、新たな資格取得に励むようになります。

タイムマネジメントは時間の密度にある

「やればできる!」と決意して何とか時間をやりくりし、短期間で資格取得した著者。その経験から、タイムマネジメントは時間の密度にあるという知恵を得ます。

人には平等に24時間という限られた時間しかありませんが、1時間の密度を2〜3倍にすることは可能。そして、忙しいときに勉強をすると、逆に心の余裕が生まれるということにも気づきます。

勉強をするということは自分のやりたいことに時間を使っているため、必然的に時間に支配される立場から、時間を支配する立場に変わることができます。それが、精神的な余裕につながるのかもしれません。

では、時間の密度を高めるには?

著者は、時間の密度を高めるために必要なアクションとして、「金曜日から1週間を始める」ということを推奨しています。

1週間の中で、働ける時間は月曜日から金曜日までの5日あるとみなすのではなく、月曜日から水曜日までの3日しかないと捉えて仕事を終わらせる。木曜日は月〜水曜日までに行った仕事をチェックし、実行→検証を行う時間に当てます。

そして、金曜日は攻撃の日であり、翌週の仕事に備えて、資料を揃えたりアポイントを入れたりと準備を万全にします。金曜日の使い方次第で翌週のアクションが変わることから、1週間のスタートは金曜日にあるというのです。

1週間のリズムを見直すことが、上手いタイムマネジメントの始まりであるといえそうです。

やりたいことを全部やる! 時間術

著者:臼井由妃
発行:日本経済新聞出版社
定価:800円(税別)

起業家の流儀。挫折は「バージョンアップ」するための通過儀礼

挫折こそが起業のたねであり、学びと成長の機会である——。起業家は「挫折」をどう捉えている? キッズラインの経沢香保子さんとVoicyの緒方憲太郎さん...

https://www.cafeglobe.com/2019/03/mu2_report_adventure.html

説明が苦手なら、東大院生が開発した「説明の黄金フォーマット」を試してみて

まもなく新年度、相手に説明する機会が増える時期です。当時最年少25歳の若さで採用試験に合格した元・駿台予備校のカリスマ講師が教える、相手に伝わる説明...

https://www.cafeglobe.com/2019/03/186364_book.html

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 博学多才タイプ

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    時間を制したければ、金曜日から1週間を始めてみよう

    FBからも最新情報をお届けします。