1. Home
  2. キャリア
  3. やってみるかどうか迷っていることがあるなら、この考え方が参考になるかも

やってみるかどうか迷っていることがあるなら、この考え方が参考になるかも

ビジネス格言

1,719

kakugen_0309

Image via Shutterstock

なんといっても、私のモットーは、「やってしまったことの後悔は日々小さくなるが、やらなかったことの後悔は日々大きくなる」です。やってみる価値がある、面白そうだと思ったことは、恥をかいてでも、とりあえずやってみる——正確にいうと、恥うんぬんを考える前に行動してしまっているわけですが。
——林真理子

2013年に発売されて話題を呼んだ林真理子さんの『野心のすすめ』からの引用です。何のコネもない状態から小説家として大成功を掴んだ林さんの言葉だからこそとても説得力がありますし、勇気づけられます。

最近は、「足るを知る」とか「ほどほどで満足する」という”野心家と真逆”の生き方が支持されています。もちろんそれも決して悪くはないですが、野心を持って色々挑戦した後でも決して遅くはないはず。

林さんの著書を読んでいると、一度きりの人生、自分の限界を知るまでもがいてみるのも楽しいかもしれないと思えてきます。

おじけづいてしまう時は、「恥=勲章」だと考えてみるのはどうでしょうか。

恥をかいた瞬間は、穴に入ってしまいたいほど辛い気持ちになるものです。でも、周囲にいる年上の人を思い浮かべてみてください。若い頃にたくさん恥をかいたり失敗した経験を笑いながら語ってくれる人って、すごくかっこいいと思いませんか?

林真理子『野心のすすめ』(講談社)

データから子どもが生まれる未来がくる?/長谷川愛さん[後編]

アーティスト/デザイナーの長谷川愛さんが語る「性とジェンダー」のこと。そして、他者やマイノリティに対するバイアスの問題について。LIFE after...

https://www.cafeglobe.com/2019/03/singularity6_3.html

表面的ではない、本当の意味での「美しい生き方」とは?

忙しく働く毎日において、優雅で美しい生き方をするためにはどうしたら良いのでしょうか。コンテス(伯爵夫人)たちから学ぶ、エレガンスの真髄をご紹介します...

https://www.cafeglobe.com/2019/03/185466_tips.html

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 博学多才タイプ

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    やってみるかどうか迷っていることがあるなら、この考え方が参考になるかも

    FBからも最新情報をお届けします。