1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 透明感と、ツヤ感と。春ファッションに合う肌へと、瞬時に変化

透明感と、ツヤ感と。春ファッションに合う肌へと、瞬時に変化

「RMK」から初のCCがジェルタイプで登場します。

20190220_rmk_1

肌の輝きとなめらかさを瞬時にかなえる「RMK CCジェルクイックグロー」30g SPF12 PA+ 4,500円(税別)※数量限定発売

肌を美しく見せるポイントは、光とカラー

厳選された透明度の高いジェル3種に、白・赤・黄・黒のカラーカプセルオイルを均一にブレンドすることで、光を帯びた、透きとおるような肌を演出。高いカバー力を誇り、毛穴などの凸凹や色ムラも目立ちにくくしてくれます。

肌の上で薄い膜を形成するヘルシーグローフィルムが採用されているので、汗や皮脂でくずれにくく、テカリやくすみも気になりません。さらにヒアルロン酸やセージ葉エキス、ローズマリー葉エキスなど、優れた保水力をもつスキンケア成分が配合され、みずみずしくつややかで健康的な仕上がりに。

20190220_rmk_2

スキンケアを施した肌に指で塗り広げるだけのクイックな仕上がり。より高い紫外線防止効果を求める場合は、「RMK UVフェイスプロテクター50 SPF50+ PA++++」との併用がおすすめ。

春ファッションのトレンドカラーに合わせて

粉状の顔料に比べて透明感やツヤ感に優れ、素肌そのものが美しかったかのように見せてくれるナチュラルさは、2019年春夏ファッションのトレンドキーワードである、パステルトーンシアー素材にピタリ。なかでも、多くのブランドがコレクションの差し色として用いたミントグリーンやカナリアイエローを身につけるならば、肌感は軽やかであればあるほどいい。

スキンケアの後、適量を指で顔の内側から外側へのばすだけで完成。今季のファッションに似合う肌が一瞬で仕上がる。こんな嬉しいことはありません。

RMK

電話:0120-988-271(RMK Division)

RMK

女性の輝きに、限界なんてない。I Choose How I Shine./3月8日、イベント開催します

「女性だから」を理由に自らに制限をかけていませんか?MASHING UPは、3/8(金)、LUX、weworkとともに女性を応援するイベントを開催い...

https://www.cafeglobe.com/2019/02/mu_lux_womensday.html

“あつくるしいほどの愛”がモットー/株式会社ベアーズ 取締役副社長 高橋ゆきさん

家事代行サービスを日本で広めた株式会社ベアーズの高橋ゆきさん。自他ともに認める”あつくるしいほどの愛”にあふれる高橋さんだが、そこにはある哲学があっ...

https://www.cafeglobe.com/2019/02/career_yuki_takahashi.html

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 博学多才タイプ

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    透明感と、ツヤ感と。春ファッションに合う肌へと、瞬時に変化

    FBからも最新情報をお届けします。