1. Home
  2. Author
  3. HIROMIKO

HIROMIKO

HIROMIKO

会社勤務を経てビンテージ・アクセサリーのネットショップ「zizizu(ジージーズー)」をオープン。美容、おもてなし料理、ITビジネスまで幅広く探求する日々。趣味は古美術鑑賞、キモノの着付け、食べ歩き、ヨガ。最近は漢方に興味深々。

外国人に大人気。歌舞伎の「隈取り」がフェイスパックになりました

生花は困ることも。ギフト上手が、花束のかわりに贈るもの

捨てられないなら、預けよう。昔の恋人との思い出を保管するサービス登場

あれどこの? がすぐわかる。写真に撮るだけで服のブランド名が判明

世界中の料理の達人が、あなたを「おうちごはん」に招待してくれる

リピーター続出。断然スリムに見える、テーラー仕立ての上質スーツ

世界で一番美しいプライベートジェットで、オーロラをみに行く

女性のパワーを活かす企業は、投資家からも注目される

「食べれば年をとらない」ナツメは、花粉症対策にもつかえる

水を含ませて撫でるだけ。エゾシカの洗顔ミトンが想像以上にすごい

ビジネス脳を鍛えるには、早歩きよりちょっと速めに8キロ走ろう

母親である前に女性だから。抱え込まない育児が愛情につながる

月9千円で深夜まで使える会員制図書館をセカンドオフィスにする

相手に悪い印象を与える「乾き目ブス」は、夕方に増える

ストッキングが伝線しても、職場で解決する女性向けサービスをはじめる

自分だけの香りを調合してくれる、NY生まれの「実験室」

「日本式」は通用しない。コミュニケーションはフィンランド流に学ぶ

その笑顔、損してるかも? 人に好感を与える「顔グセ」の作り方

「金沢の町屋を1軒貸し切る」という贅沢

接待やデートに「鉄板焼きレストラン」を使うと成功率が高くなるワケ

肥満原因の3〜7割は遺伝。最適なダイエット法がわかる遺伝子検査

サプリ要らずの身体はスーパーオイルでつくる。最新オイル事情

化粧ノリを改善したいなら「顔脱毛」がおすすめ

40代の5人に4人は予備軍......アラフォー女性は「ロコモ」に注意

スープやカレーに混ぜる、ホット専用のグラノーラが流行中

肌がワントーン明るくなる、欧米式の化粧水の使い方

エスカルゴもフォアグラも! パーティの手土産にしたい「缶詰」

ダイエットや便秘改善に。注目食材「押し麦」のパワー

アンチエイジングには、「食べる美容サプリ」アーモンドが吉

意外なリターンや社会貢献も。多様化するクラウドファンディング

ジェルもアートもしない! 男性に人気の「素爪」の作り方

楊貴妃が愛したアンチエイジング食材。「白キクラゲ」の効能

  • 1