バンコクのオフィス街でカフェに入ると、タイのキャリア女性があざやかなブルーのドリンクを飲んでいるのをしばしば目にします。あまりにもビビッドな発色がゆえ、同席したタイ人女性に「着色料入りのジュースなのか」と訊ねると、あれは「アンチャンという美容によいハーブティー」という答えが返ってきました。

若く美しくいられる青いハーブティー

140125_butterfly_pea_1.jpg

タイ語で「アンチャン」、英名「バタフライピー」と称するマメ科の植物は、タイでは庭先や公園で見かけるポピュラーなハーブ。主に使うのは花びらの部分で、タイでは古くからご飯やお菓子を青く染める天然色素として活用されています。この青い花をハーブティーとして飲用すると、いつまでも若く美しくいられるということで、タイの30〜40代の女性層に特に好まれているようです。

眼精疲労を即効でやわらげる

140125_butterfly_pea_2.jpg

その秘密は、魅力的な濃いブルー。花びらに触れるだけで指が染まるほどの青色には、アントシアニンという色素がたっぷりと含まれています。ブルーベリーに含まれることでもおなじみのアントシアニンは、高い抗酸化作用があるため、細胞の老化を防ぎアンチエイジングにも効果を発揮。眼精疲労を即効でやわらげるパワーもあるので、PCワークで目が疲れた時にはアンチャンティーでブレイクを入れるとよいかもしれません。

レモンやライムを入れると紫色に

140125_butterfly_pea_3.jpg

気になる味は、ほんの少し豆の香りがする程度でクセのない飲みくち。蜂蜜を入れたりソーダで割ったりしてもおいしく飲めます。レモンやライムを絞るとクエン酸に反応して、きれいな紫色に変化。見た目にも美しく、おもてなしやティーパーティーにも映えるでしょう。

美髪キープの効果も

アンチャンのもうひとつの効能は、美しい黒髪を保つ力。アンチャンを水やお湯で戻した液体でコンディショナー代わりに頭皮をすすげば、健康的な毛髪をキープし、白髪や抜け毛を防ぐことが期待できます。アンチャンを使ったソープやシャンプーも多く売られているので、髪の悩みをナチュラルにケアしたい方は、ぜひお試しを。

日本でも購入できるアンチャンのアイテム

・アバイブーベ バタフライピー・シャンプー(4,100円)
タイハーブ医療を実践するアバイブーベ国立病院が開発したバタフライピーエキス入りシャンプー&コンディショナー。アバイブーベ病院のスキンケアプロダクトは、タイの定番土産としても人気です。こちらの商品を取り扱う「オリエンタル・プレシャス」は、オンラインショップのほか、東京・北青山にショールームもあります。

・バタフライピー ハーバルティー(750円)
クセのないアンチャンの花に、アッサムグリーンティーをブレンドしたお茶。チェンマイ郊外のオーガニック・プランテーション「ラミンティー」のプロダクト。販売する「ロンナムチャ チェンマイ」のサイトでは、アンチャンティーを使ったレシピを公開中。

(写真・文/さとう葉)