これからの季節、海辺のリゾートに旅行する人も多いのではないでしょうか。ビーチやプールサイドでは、水着の上に何か羽織りたいもの。パーカーやラッシュガードという手もありますが、大人のバカンス気分がぐっと盛り上がるのが「カバーアップ」です。

大人のリゾートには「カバーアップ」を

20140508_coverup_1.jpgCalypso St. Barth

「ビーチ・カバーアップ」とか「スウィム・カバーアップ」と言われるこの種のリゾートウェア。日本ではあまりメジャーではありませんが、海外リゾート地ではとてもよく見かけます。

わかりやすいのは、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』の海辺のシーンで着られていたイメージ。あまり水に入らない人なら、水着でいるよりこちらを着て過ごす時間の方が長いかもしれません。

米国ではデザインも価格帯も幅広く、水着ブランドでないショップにもよりどりみどりで並んでいます。バケーションが生活に根付いているので、リゾートウェアも豊富です。たとえば米国のライフスタイルブランド「カリプソ セントバースCalypso St. Barth)」には、カバーアップだけで30点近くが並んでいます。

「ダイアン フォン ファステンバーグ」は、シルクのカバーアップ

20140508_coverup_2.jpgDiane Von Furstenberg(74,100円・関税込

日本で手に入る場所としては、海外通販サイトの「ラソLASO」のセレクトが充実しています。ニューヨークのブランド「ダイアン フォン ファステンバーグDiane Von Furstenberg」のシルクのカバーアップ(74,100円・関税込)は、大人ならではの華やかさがあります。

体型カバーにもなるカバーアップ


20140508_coverup_3.jpgSeafolly(9,300円・関税込)

もっとリーズナブルなものもあります。たとえば、オーストラリアの水着ブランド「シーフォリー(Seafolly)」のものは関税込で9,300円。リーズナブルでありながら発色は美しく、お尻の下まですっぽり覆いつつフリンジが付いて動きの出る形は、体型カバーにもなります。

リラックスウェアにもなるカバーアップ

20140508_coverup_4.jpgLemlem(34,400円・関税込

スーパーモデルのリヤ・ケベデが立ち上げた米国ブランド「レムレムLemlem」のカバーアップ(34,400円・関税込)は、彼女の出身地エチオピアでハンドメイドされたもの。こんなデザインなら、ショートパンツやスリムなパンツと合わせてリラックスウェアにしてもよさそうです。

真っ青な空の下、お気に入りのカバーアップを着てシャンパン片手にぼーっと......なんて最高ですね。

Calypso St. BarthLASO
(文/福田ミホ)