ひどいクシャミや鼻づまりで、仕事に支障をきたすほど。いまや花粉症は国民病ともいわれています。

ちまたで囁かれている「花粉症の都市伝説」は、どこまで本当なのか? 花粉症にくわしい木村聡子先生にうかがいました。

女医に聞いた、花粉症にまつわる噂の真相は?

大学病院のアレルギー専門外来につとめる木村先生に、花粉症にまつわる疑問をぶつけてみました。

1.「コップの水があふれるように花粉症を発症する」は本当?

本当。花粉を体内に取り込み続けて許容量を超えると、体内に『花粉を敵だと認識して攻撃するシステム』ができ、アレルギー反応が起きます。コップの大きさには個人差があり、生活環境も影響するので、いつ花粉症になるかを予測することはできません。

2.食べ物で花粉症が治ったり、軽くなることはある?

。食べ物が直接的に花粉症を治すというケースは、科学的には実証されていません。

逆に、食べ物で花粉症と関連した症状が出ることはあります。口腔アレルギー症候群といって、トマトはスギ花粉、スイカやメロンなど瓜科の果物はブタクサ花粉、リンゴ、桃、サクランボなどバラ科の果物は白樺花粉など、特定の花粉と食べ物が結びつき、口が腫れるといった症状が起きます。

3.ストレス過多だと免疫力が落ちて、花粉症になりやすい?

本当。ただ、「免疫のバランスが崩れて花粉症になる」という言い方が正しいです。

花粉症は免疫の過剰反応。本来、人体に有害ではない花粉を異物だと認識して、体外に排出しようと起きるアレルギー反応です。免疫のバランスが崩れると過剰反応が出やすくなります。

4.「花粉症の症状が出なくなったと思ったら、肌荒れがひどくなった」と言っている人がいましたが......。

グレー。基本的には、一度発症した花粉症が自然に治ることはありません。ただし、原因となる花粉の量などによっては症状が出ないこともあります。

花粉が肌につくことで炎症となり、肌荒れ、かゆみ、乾燥などが起きる花粉症皮膚炎という症状はあります。

「花粉症皮膚炎」で乾燥が悪化する?

20170302_cure_2.jpg

木村先生によると、いま花粉症のホットトピックのひとつに、花粉が原因で起きる花粉症皮膚炎があるそう。

花粉症皮膚炎とは、肌についた花粉がアレルギー反応を起こし、皮膚が炎症を起こすこと。かゆみが出たり、乾燥したりといった症状が出てきます。思うようにメイクもできず、コンシーラーなどでカバーすると肌への負担が増えて、よけいにひどくなることも。女性にとってはつらい症状です。

花粉症皮膚炎の主な症状は乾燥。とにかく肌がカサつくので、地道に保湿して肌のコンディションを高めることが大切です。もうひとつやっかいなのは肌のかゆみ。我慢できずに肌を掻き壊してしまうと、刺激で肌のバリア機能が破たんしてしまいます。そこに花粉がつくと、どんどん炎症が悪化してしまうんです」

目のまわりなど、皮ふが薄い部分はバリア機能が弱いため、とくに炎症が出やすいとのこと。鼻水や目のかゆみがない人でも発症することがあるので、この時期になると肌荒れがひどくなる人は要注意です。

20170302_cure_prof.jpg木村聡子先生

日本耳鼻咽喉科学会専門医、医学博士、補聴器適合判定医師。日本耳鼻咽喉科学会、日本アレルギー学会所属。専門は鼻アレルギー。女医+(じょいぷらす)所属。


* * *

かゆみを、すばやくどうにかしたいときは

春先は花粉以外にも、さまざまな原因で肌トラブルが起きがち。

徐々に増えてくる紫外線の刺激、寒暖差によって起きる肌ストレス、ライフスタイルの変化から起こる心理的なストレスなど、挙げるときりがないほど。肌が炎症を起こし、かゆくて掻くと症状が悪化してしまうため、早めにケアすることが大切です。

20170302_cure_3.jpg
キュアレアa 第2類医薬品 効能・効果 : かゆみ、湿疹、皮ふ炎、かぶれ

皮膚科に行くことができればベストですが、忙しくて時間がないときは、ドラッグストアで購入できる「キュアレア」を使ってみては。花粉や化粧品、汗、乾燥などによる顔のかぶれ・かゆみ・赤みを治し、おだやかにしてくれます。

キュアレア」の大きなメリットは、赤みやかぶれが出たデリケートな目のまわりにも使えること。

目もとの皮膚は、とにかく薄くて敏感です。赤みやかゆみが出ていると、乾燥していても化粧品はしみたりして使いづらいし、薬を塗るのもためらってしまいます。

キュアレア」なら、気になる症状やイライラするかゆみがスーッと落ち着き、花粉症皮膚炎でありがちな「肌荒れの悪循環」も防ぐことができます。

非ステロイド性の肌にやさしい処方で、しっとりした使い心地なのもうれしいポイントです。

花粉症と肌荒れに負けないわたしに

20170302_cure_4.jpg

花粉による肌のかゆみ・炎症を治すキュアレア」は、手元に置いておきたいアイテム。

女性にとって肌トラブルは、メイクをするにも気が引けるし、出かけるのも嫌になるぐらい、心理的ダメージが大きいもの。「キュアレア」があれば、花粉症と肌荒れのダブルパンチを恐れずに、心弾む春を思いっきり楽しめそうです。

あきらめていた、さまざまな肌の悩み。スキンケア医薬品で解決しよう!

小林製薬のスキンケア医薬品

キュアレア

sponsored by 小林製薬株式会社

撮影(商品)/内山めぐみ image via Shutterstock