このところ世界的な流行の兆しを見せている旅のスタイルがあります。それは空気タンクを使わず息を止めて水中を潜るフリーダイビングを楽しむこと。

現在世界各地のリゾート地で、ライセンスを取得できるプログラムやガイド付きのダイビング・ツアーが、年間を通して提供されています。関心の高まりに合わせ、ダイビング指導団体PADI(Professional Association of Diving Instructors)はフリーダイビングのインストラクター養成コースを立ち上げました。

無呼吸で行うため少々ハードルの高いイメージがあったフリーダイビングですが、今後はますます気軽に楽しめるレジャーになっていくと思われます。

PADIのエリック・アルビンスソン氏はこう語ります。

「フリーダイビングでは、フィジカルとメンタルの両方のスキルを磨きます。水中で体が出すシグナルを理解し、息ができなくても冷静さを保てるようトレーニングをしていきます。苦しい、と思ってからでも実際にはかなりの距離を進むことができるのです」。

南国のサンゴ礁で魚と戯れる

初心者にオススメなのがフィジーの「マンタレイ・アイランド・リゾート(Mantaray Island Resort)」。宿泊費は食事込みで130ドルから。到着後現地で申し込める2日間の入門コースがあります。レッスン代は250ドルからで、指導団体はSSI(Scuba Schools International)です。

コースを終了し認定を受けた後は、フィジーの透明度の高い水中を潜りながら、サンゴ、エンゼルフィッシュ、クマノミ、カメ、イルカ、サメなどを見ることができます。この海域は5月から10月の間、マンタの群がやってくることで知られています。タイミングが合えば広げた両翼の幅が6メートルにもなる巨大なマンタたちと泳ぐことができるかもしれません。

モルディブでは「Hideaway Beach Resort & Spa(ハイダウェイ・ビーチ・リゾート&スパ)」(宿泊費は567ドルから)のダイビング・センターがPADIのコースを提供しています。レッスン代は210ドルから。

ライセンス取得者はドナクリ島の周りのサンゴ礁を探索できます。近くにはダイビング・スポットが48か所もあり、有名な「水族館 Aquarium」というスポットでは、ウツボライオン・フィッシュ、季節によってはマンタを見ることができ、マティ・ファルではタコやアカエイリーフフィッシュが観察できます。

20170715_nyt_diving_main.jpg
カナダ西海岸にあるニンモ・ベイ・ウィルダネス・リゾートでダイビングを楽しむ人(Jeremy Koreski via The New York Times)

普通では飽き足らない人に

同じくモルディブのランダーギラーヴァルにある「Four Seasons Resort Maldives(フォーシーズンズ・リゾート・モルディブ)」はアクティビティが豊富(宿泊費は1,400ドルから)。

マンタの研究者に1日同行したり、海洋生物学者と共に船に乗り込んで環礁へ出かけ、フリーダイビングをしたりと、他ではない体験ができます。

ユネスコの生物圏保護区に指定されているバア環礁の周辺では6月から11月初旬までの間、潮汐とモンスーンの影響によりプランクトンの量が増えるため、それを食べるマンタやクジラ、サメなどの大型の海洋生物がやってきます。

ツアー参加者たちはダイビングのスキルを磨くだけでなく、研究者が資料として使う写真を撮ったり観察記録を採ったりして、マンタの保護活動の手伝いをすることができます。

寒さに強いダイバー向けなのが、カナダ西部ブリティッシュ・コロンビア州のグレート・ベア・レインフォレストにある「Nimmo Bay Wilderness Resort(ニンモ・ベイ・ウィルダネス・リゾート)」。

宿泊客が無料で参加できるダイピング・ツアーでは、大きなカニやヒトデ、ウニなどを見ることができます。そのほかにも高い山の上にある湖でのダイビング・ツアーもあります。参加者はヘリコプターに乗って氷河湖まで行き、透き通った湖を潜りながら水中の断崖を見ることができます。

フリーダイビングの体験付きのパッケージ料金は3,645ドルからで、宿泊、食事、水上飛行機での送迎、ツアー(別料金のものもあり)の代金が含まれています。ライセンスを取得したい人は5人のグループ・レッスンを受けるため別途1,000ドルが必要です。

ダイビング・インストラクターのジョセフ・ドン氏は、水中世界に興味がある人はぜひフリーダイビングを始めてほしいと言います。

いつでもどこでも役立つスキルであるのに加え、呼吸のコントロールや、心を落ち着けるための方法など、日常生活でも役にたつ技術が身につくからというのがその理由です。

© 2017 The New York Times News Service

[原文:Days With the Manta Rays: Where to Learn to Freedive/執筆:Nora Walsh]

(抄訳:Tom N.)